1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 3-6歳児
  6. >
  7. まだ帰らない!の押し問答がツライ…。友だちと遊ぶ時のルールを決めるまで

まだ帰らない!の押し問答がツライ…。友だちと遊ぶ時のルールを決めるまで

まだ帰らない!の押し問答がツライ…。友だちと遊ぶ時のルールを決めるまでのタイトル画像

4歳の娘が近所の友だちと毎日のように遊ぶように。段々と子どものペースに巻き込まれ、生活スケジュールが乱れていく日々。不安を感じて、ルールを決めることにしましたが、意外な結末が待っていました…!


近所にお友だちができたと喜んでいたけれど…


娘は4歳。

子どもだけでお出かけできる歳ではないので、友だち関係のルールを決めるのはまだまだ先だと思っていました。



ですが、その日は突然やってきました。

近所に引っ越してきたAちゃんが、毎日のように誘いにくるようになったのです。


Aちゃんは小学校1年生。

中学生の兄と姉がいるという彼女は、大人相手でもハッキリ発言できる、しっかり者の女の子。



娘は、Aちゃんが誘いにきてくれると一目散に飛び出していきます。

ケラケラと笑いながら鬼ごっこをしたり、庭にレジャーシートを敷いてカルタをしたりと、大忙し。

娘にとっては年上の子と遊ぶのが新鮮なようで、キラキラと目を輝かせています。



一人っ子の娘が、歳の違う子と遊ぶ機会が少ないことを気にかけていた私は、Aちゃんに感謝していました。



ところが、外で遊んでいた二人が「家で遊びたい」と言うようになったのは、その数日後のこと。


親御さんの了承を得ずに、家に入れることを躊躇った私は、子どもたちからの提案をやんわりと断っていました。



まだ帰らない!の押し問答がツライ…。友だちと遊ぶ時のルールを決めるまでの画像1
pixta_51055204_M

あの手この手で、家に入ろうとする子どもたち!

ある日、私、娘、Aちゃんの3人で、我が家の玄関先で話をしていたときのことです。

Aちゃんが突然、玄関の上がり口に寝転がったのです。

…おっと?

この後の展開を察し、私は「外で遊んでおいで」と声をかけました。



けれど次の瞬間、「あれぇ?なんか2階で音がした?おばけいるー!?」


Aちゃんが素早く靴を脱ぎすて、玄関横の階段を2、3段駆け上がったのです。

「おばけなんていないよ!!」慌てて制止する私。


しかし、今度は娘がリビングに忘れものを取りに入ります。

すると、Aちゃんが、猛スピードで追いかけていったのです!!!

一瞬の出来事でした。



リビングに行くと、すでに二人は遊び始めています。

興奮ぎみに、Aちゃんにおもちゃを紹介する娘。


「…ま、いっか。」

仲睦まじい二人を見て、家の中には入れないでおこうと決めていたはずの私は、つい甘い心が出てしまいました。


声をかけても帰ってくれないお友だちにドギマギ…!!


翌日から、二人は毎日のように家で遊ぶようになりました。


学童保育に通うAちゃんが、うちへ誘いにきてくれるのは夕方頃。

ママが仕事から帰るまでの間、中学生のお兄ちゃんとお姉ちゃんと過ごしているものの、活発な性格だからか外へ出かけないと気が済まないようでした。


夕方以降の私は、夕飯の支度→娘とお風呂→夕食→食器洗い→娘の寝かしつけ、と過密スケジュール。

このうちの1つでも遅れると、すべてがズレていき、最終的には翌朝に寝不足でぐずぐずの娘を連れて幼稚園へ…というパターンになってしまいます。



スケジュールを遅らせたくない私は、頃合いを見計らい「今日はそろそろ帰ろうか」とAちゃんに促します。


しかし彼女は、我が家を気に入ってくれたようで「え~、まだいいや~ん!」と悲しそう。

それでもしつこく言うと、リビングに寝そべる、逃げる、などのストライキが始まるのです。


「そろそろお風呂の時間だから…」などと説得を試みますが、「お風呂、私も一緒に入る!」と押し問答が続きます。



他所の子に、厳しく言うことに慣れていない私。


そんなやりとりをしているうちに、刻々と時間は過ぎていきます。


最終的にはAちゃんのお姉ちゃんが、抱きかかえて連れて帰ってくれるのです。


まだ帰らない!の押し問答がツライ…。友だちと遊ぶ時のルールを決めるまでの画像2
pixta_36699745_M
この記事を書いた人
カッパの画像
カッパ

6歳女の子の母。幼稚園の役員やママ友との交流など、子ども関連を優先しながら細々とライター活動をしています。現在の息抜きは、娘を寝かしつけたあと夜な夜なラジオを聴...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 3-6歳児
  6. >
  7. まだ帰らない!の押し問答がツライ…。友だちと遊ぶ時のルールを決めるまで