1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 就学前面談で発達を指摘されビックリ!プロの指摘で気づいた問題点

就学前面談で発達を指摘されビックリ!プロの指摘で気づいた問題点

就学前面談で発達を指摘されビックリ!プロの指摘で気づいた問題点のタイトル画像

近年はひろく認知されるようになってきた、発達の問題。5歳の息子も、気になるところがあり、検査を受けることになりました。

就学前の発達検査


私が住んでいる街では、就学前の年長児を対象に発達についてのアンケートがあります。

保育園で配られた用紙には、こだわりが強い、じっとしているのが苦手…など「はい」「いいえ」で答えられる質問がいくつかありました。

「うちの子はこんなもんかな、どちらかと言えばYESだけど」という感じで、ちょこちょこと、チェックがつく息子。

また、フリーコメントでは、「極端に怖がりで動物を嫌がる」など気になることを記入。

この時は、場合によっては面談もあるかも?くらいにしか聞いていなかったので、「何か育児のアドバイスがもらえるのかなぁ」と、能天気に考えていました。

その後、自治体から「一度面談に来ませんか」と連絡が来たので、詳しく聞くと、子供数人一組でスクリーニング検査を行って、その後面談をするとのこと。

あれ。なんだか思っていたより、大がかり?

療育を勧められ、気持ちが揺れ動く


予約を取って健康センターに行くと、子供たちは保護者とは別室へ。

クイズ形式の検査後、同日に行われた面談では、自分では気づかなかった発達項目をいくつか指摘されました。

「話を聞いていれば理解できるけど、注意散漫でよく聞いていないことがある」

「体の使い方が、ちょっと下手かも…」

「図形を描いてもらったのですが、紙を回しながら描いていて気になります」

そういうこともできなきゃいけないのか…。

指摘されたポイントが発達に関して重要だと、知らなかったのです。

また、発達を促すため、ブランコや風船遊び、おにぎり作り(手の感覚を養う)などを遊びに取り入れるようアドバイスも受けました。

“発達障害”とか“グレーゾーン”という言葉は使わず、慎重に話してくださったのが印象的でした。


「療育で変わると思います。ただ、療育が受けられるかどうかは、より詳しい検査を受けてからになりますが、どうしますか」

プロがいうなら…と、その日のうちに、次の個別検査の予約を取りました。

「公的な療育が満員だと言われたら、民間のところに通わせなきゃ!」

この時点で、私はすでに覚悟を決め、療育を受ける気まんまんでした。

個別検査で指摘されたこと


個別検査は先日とはまた違った担当の方と息子の2人で、2時間近くもみっちりと行われます。

「こんなに長時間、ちゃんと受けられるのかなぁ」
「なんか、育て方に悪いところがあったかなぁ」
「どんな結果が出るんだろう」

健康センターの廊下で雨の音を聴きながら待ち続け、不安は募るばかり。

結果が出るには、しばらくかかるとのこと。

そして帰り際、担当の方に意外なことを指摘されました。

「眼科にかかったことはありますか?変な姿勢で見たりしているので、もしかしたら斜視などかもしれません」

「えっ?」

そういえば、ものもらいで眼科に行った時、「ちょっと乱視がありますね」と言われたことがあるのですが、それ以上のことは特に何も言われなかったので、気にしていませんでした。

発達の問題と、目の問題。

新しい心配事に、このときは戸惑うばかりでした。


気持ちが不安にゆれうごく


個別検査の結果を聞きに行った日。

「問題ありません」の一言に、私はポカンと拍子抜け。

「初歩的なところでちょっとつまいづいたり、高度なことができたり混在していますが、おしなべて平均」とのこと。


眼科での検査結果は、やっぱり乱視でした。

矯正が必要かどうか、こんご詳しい検査をしてさらに調べていただくつもりです。


もしかしなくても、ボール遊びが苦手だったり、図形の描き方が変だったのは、見えづらいことによるものだったのかもしれません。

発達検査を受けることで、こんな問題がみつかるパターンもあるんだ…。


「療育が必要」と言われても不安でしたが、大丈夫と言われても、やっぱり不安になりました。

その場では「療育は不要なのですね、わかりました」とは言い切れず、申し込みを保留にして帰宅しました。


我が子のことになると、ついオロオロしてしまった


保育園の先生にも園での様子を聞いてみたところ「特に園では問題なく過ごしている」と言われ、結局、療育の希望は出さないことにしました。

アドバイスしてもらった遊びを取り入れたり、発達が気になる保護者向けの研修会に出たりしつつ、気になることがあれば相談…ということに。


それにしても、あまりの急展開に
「大丈夫でしょ」→「え、療育?」→「やっぱり大丈夫?」→「乱視ですって??」と、私の気持ちは揺れ動きまくり。

「指摘されるまで乱視に気づいてあげられなかった」と一度はへこみ、「でも見つかってよかった。詳しくアンケートを書いた私えらい」とポジティブに考えてみたものの、しばらくは心がザワザワしていました。

我が子の人生がかかっていると思うと、なかなか落ち着けませんでした。

育児はいろんなことが起こりますが、平常心でいられる強い母になりたいものです。




当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
ぺい子の画像
ぺい子

こんにちは!
九州在住、5才息子(2013年生まれ)の息子を育てる母です。
がっつり仕事しながらで忙しい毎日ですが、毎日息子に癒されています♪...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 就学前面談で発達を指摘されビックリ!プロの指摘で気づいた問題点