1. 総合トップ
  2. >
  3. ライフスタイル
  4. >
  5. 夫婦・家族関係
  6. >
  7. 家事・育児を 「シフト制」 にしたら、こんなにも良いことづくしだなんて…!!

家事・育児を 「シフト制」 にしたら、こんなにも良いことづくしだなんて…!!

家事・育児を 「シフト制」 にしたら、こんなにも良いことづくしだなんて…!!のタイトル画像

料理をしない夫。洗濯物を溜める私。ズボラなフリーランス夫婦がたどり着いた答えは「家事・育児の完全シフト制」でした。

夫は料理をしない人でした。


夫は料理をしない人でした。

洗濯・掃除・洗い物はしていましたが、料理だけは苦手だったようです。


私は洋服を畳んで片付けるのが、苦手でした。

洗濯物の80%は、夫がまかなってくれていたように思います。


夫婦そろって家事が苦手でしたが、子どもが生まれるまでは、問題になりませんでした。

必然的に外食中心になり、クリーニングを利用することが多くなっていました。


ところが、息子が生まれると「誰が家事をするか」問題が浮上したのです。

我が家は夫婦でフリーランスのため、産休・育休がありません。

息子を産んで間もない頃から、私は産前と変わらない量の仕事をこなしていました。

料理以外の家事は、夫が率先してしてくれていましたが…。


「私ばっかり」と恨めしい気持ちで夫を見送る日々に。


職種上、どうしても私が在宅していることが多いため、保育園からの「発熱呼び出し」に対応するのは私に。

必然的に「離乳食」作りも私。

子どもがいると洗濯物が増えるので、今までのように夫とクリーニングに、全て任せるわけにもいかず。

それに加えて、深夜の夜泣きで、添い乳ができるのは私だけ。


仕事量は変わらないのに、私の仕事時間は削られる一方に。

気がつけば、「私ばっかり」と恨めしい気持ちで夫を見送る日々に…。


苦手が同じだからこそ、「家事・育児」をシフト制にしてみたら。


夫婦ともに「仕事が大好き」で、「家事は苦手」。

好きと苦手が同じなので、どちらも平等に5分5分で分かち合うことになりました。

その着地点が「家事・育児 完全シフト制」です。


これまでは、「気づいた人が得意なこと」をしてきました。

ですが、この制度では「シフトに入っている時は、得手不得手関係なく全てやる」というルールになります。

夫は離乳食を作らなければならないし、私は洗濯物を畳まなければならない。

2人とも、苦手なことから逃げられません。


この記事を書いた人
金延 さえの画像
金延 さえ

アートディレクター/デザイナー/インタビュアー/執筆家/広告・PRプランナー/プロ “SNS中の人” / 男の子と女の子のママ。

映像編集者、カルチャ...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. ライフスタイル
  4. >
  5. 夫婦・家族関係
  6. >
  7. 家事・育児を 「シフト制」 にしたら、こんなにも良いことづくしだなんて…!!