1. >
  2. >
  3. >
  4. 自分らしい出産を!分娩方法による病院の選び方

自分らしい出産を!分娩方法による病院の選び方

自分らしい出産を!分娩方法による病院の選び方のタイトル画像

産院はどこも一緒だと思っていませんか?実は、病院によって様々な分娩スタイルがあるんです。自分がどのような分娩スタイルで出産してみたいか、一度考えてみてはいかがでしょうか?

出典:https://www.flickr.com/photo.gne?id=8432870180

仰臥位分娩

きっと、テレビや本でよく見る出産風景がこれではないでしょうか。分娩台に仰向けになり、いきみや深呼吸を組み合わせながら産む方法です。現在はこの姿勢での出産が一般的で、比較的どこの病院でもおこなっている分娩スタイルとなります。

フリースタイル分娩

仰向け以外にも、横向き・四つん這いなど、自分が好きな姿勢を選択して出産するスタイルです。



自分にとって無理のない体勢がとれるため、赤ちゃんにもママにもかかる負担が少なくなります。また、好きな体勢でいる事で精神的な安定にも繋がります。これは病院によって出来るところと出来ないところがあるので、病院選びの際に確認してみるといいでしょう。

座位分娩

座位分娩と言って、分娩椅子に座って出産するスタイルです。



これは真ん中がくり抜かれている椅子ですが、これに座ることで骨盤が広がりやすくなり、重力も下へ向くためスムーズな出産へ繋がりやすくなります。また、赤ちゃんが出てくる瞬間をはっきり見られるというメリットもあります!

水中分娩

水中分娩とは、その名のとおり水中で赤ちゃんを産む方法です。



水と言っても冷たい水ではなく、心地よいと感じるお湯の中で過ごすため、体が冷えにくく痛みの緩和にも繋がります。また、身体を温めることで陣痛もきちんと来やすくなり、スムーズな分娩進行へと繋がります。そして、水中に浮くことで力も抜きやすく、母体や赤ちゃんに余計な負担がかかりにくくなります。赤ちゃんと同じく水に浮くという状態になり、精神的な安定にも繋がります。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

出産・産後 分娩方法 妊娠 産婦人科・産院

この記事を書いた人

mona

埼玉で働く、カメラとDIYが好きな現役助産師です。
マタニティヨガ・産後ヨガインストラクター・野菜ソムリエ
何事も楽しもうとする事が特技。...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 自分らしい出産を!分娩方法による病院の選び方