1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 子どもが増えるほど自分時間もプラス!3人育児で「なりたい母」になれた気がする

子どもが増えるほど自分時間もプラス!3人育児で「なりたい母」になれた気がする

子どもが増えるほど自分時間もプラス!3人育児で「なりたい母」になれた気がするのタイトル画像

1人目が2歳の頃と、3人目が2歳の今のスケジュールを比べてみました。実は子どもが3人いる今の方が、「自分時間」をとっています。

長男が2歳のときのスケジュール


私の夫は、朝7時から20時まで仕事のため、平日は子ども3人をワンオペ育児しています。

1人目の長男が2歳の頃と、3人目で現在2歳の長女。

それぞれの一日を振り返ってみました。


まずは1人目が2歳の頃から。

ーーーーーーーーーーー
6:30 起床、朝食作り
7:15 長男起床
7:30 朝食
8:00 掃除、洗濯、子どもや自分の身支度(あっという間に10時!)
10:00 児童館や公園へ(毎日外出)
12:00 昼食
13:00~15:00 昼寝(私は仕事)
16:00 夕方のお散歩(食材の買い出しを兼ねて)
16:30 夕食作り(子どもはテレビ)
18:00 夕食
19:00 洗い物、洗濯物を畳むなどの家事、自由時間(子どもの世話をしながらなので家事は進まず)
20:00 お風呂
20:30 片付け、歯磨き、絵本
21:00 子どもの寝かしつけ
21:30 仕事
23:00 就寝
ーーーーーーーーーーー

当時は今よりも、丁寧に家事育児をしていました。

ゴミ出し以外の家事は私がやっていましたし、たとえば「1日に何度もオモチャを片付ける」「夕食は一汁三菜」など、今よりしっかり家事をしていました。

椅子に座ってゆっくり休んだり、自分の好きなテレビを見ることもなかったように思います。

子どもと一緒にいても、少しでも間が空けば「ちゃんと遊んであげないと」と義務感を強く感じたり、「自分はきちんと子どもと遊べているだろうか?」と不安になることも。

「毎日外出、1日1時間は外遊び、絵本は3冊以上」と決めていました。

良妻賢母にならなければと、気負いが強かったように思います。

産後からフリーランスで仕事をしていますが、無理して子どもも預けずにいたので、ギリギリの状態。

寝不足でフラフラしながら、全てをこなしていたように思います。


3人目が2歳になった現在のスケジュール


次に、末っ子の長女が2歳になった、現在のタイムスケジュールです。

ーーーーーーーーーーー
6:00 起床
仕事のメールチェックなど
朝食と給食の代替食作り
6:40 長男起床
6:50 朝食、自分の身支度
7:30 長男出発 次男・長女起床
7:45 次男・長女の朝食、私はコーヒータイム
8:10 夕食用に1品調理、次男・長女2人の着替え
8:40 次男の幼稚園送迎
9:00 掃除機がけ
10:00 公園、児童館、本屋など(外出・家にいる日は半々。週2日は一時保育へ預けて仕事)
12:00 昼食
12:30~14:00 長女昼寝タイム(この間に仕事)
14:00 次男帰宅 
15:00 長男帰宅、おやつタイム
16:00 子どもと遊び(子ども同士で遊びが盛り上がっている間は仕事)、お風呂掃除
17:00 夕食作り(好きな音楽を聴きながら)
17:30 お風呂
18:00 子どもがテレビ(この時間に仕事)
18:30 夕食
19:00 自由時間(私は洗い物や洗濯物の片付け。15分間ヨガ)
20:30 歯磨き、絵本
21:00~22:00 寝かしつけながら就寝
ーーーーーーーーーーー

1人目と3人目で大きく違うのは、家電が導入されたこと。

2人目出産で食洗器、3人目出産で乾燥機能付き洗濯機を購入し、「1人目から買っておけば、もっと心身ともに楽になったし、子どもとの時間ができたのに!」と思ったものです。


「家事の頻度」も減りました。

食事の準備が家事で一番大変ですが、時間をかけて作っても、子どもは食べない時もあるので、夕食は「一汁二菜でもバランスが取れていれば良し」という方針に。

次男はしょっちゅう、オモチャ箱の中身を全部出して遊んでいたのですが、何度も片付けるのにイライラしていた私を見て、長男が「何回も片付けるから疲れるんだよ。1日1回、寝る前だけでいいじゃん」と一言。

それからは片付けも、寝る前に1回になりました。


意識的に1日の中に「自分時間」も取るように心がけています。

8時と15時のコーヒータイム、子どもが昼寝中の仕事、料理中に好きな音楽、夜はヨガ。

この時間だけは、死守しています。

ヨガをしていると上の子は真似したり、末っ子は私に登ってきますが……(汗)

週に1回、休日に自分時間を貰うのも良いのですが、正直全然足りません!

育児中は終始子どもペースですし、子どもが愚図ったり、想定外の行動をとるなど、忍耐力も体力もかなり必要。

1日の中に自分時間をに入れ、こまめに息抜きする方が、子どもに対する余裕も生まれます。

睡眠時間も大切なので夜の仕事は止め、一時保育を利用しています。


きょうだいがいるからこその違いも


きょうだいがいるからこそ、スケジュールが変わったことも。

1人目育児は、午前中が本番。

毎日外出し、様々な児童館や公園へ、遊びに行きました。

3人目となると、上の子たちが帰宅してからの、夕方が本番。

学校で疲れた長男のケアや、それぞれが「今日~があってさ」「ママ遊ぼう」「こっち来てよ」と話しかけるのに対応すると、体力も気力も使うのです。

そのため末っ子だけの午前中は、体力を温存したいため、手を抜き気味。

毎日外出するのではなく、家で過ごす日もあります。


子どもも1人だけだと、常にママべったりですが、2人、3人いると、子ども同士で遊んでくれる時間があるので、そこで私も仕事をしたり、息抜きしたりしています。

料理中、子どもに「ママ、ボールやろう!」と誘われても、「今野菜切ってるから、お兄ちゃんとやって」と頼めるようにもなりました。


手抜きでも今の自分のほうが好き


1番大きな変化は、育児にも家事にも、手が抜けるようになったこと。

はたから見れば、1人目の方が褒められるような家事育児を、していたかもしれません。

それでも私は、今の自分のほうが好きです。

以前は「良妻賢母への義務感」がいっぱいで、「しっかり遊んであげないと」という気負いもありました。

子どものことは大好きですが、重い責任感や義務感も、常に感じていたのです。

今はだいぶ気も抜け、手も抜けましたが、自然体で子どもと接することができ、子どもたちも笑顔でいます。

もちろん毎日ドタバタで、時に怒ってしまうこともありますが……。

笑いあり、怒りあり、涙あり、それが家族だよね、と思うのです。

ママは仏様のようにいつも笑顔で、何でもしてくれる存在じゃない。

疲れたら休むし、ヨガや好きな本を読んだりと、自分のために時間も費やすし、おやつもモリモリ食べて、自分を甘やかします。

子どもと本気で遊んで大笑いもするし、時には怒るし、悲しかったら涙する。

そんな生身の自分でいても、思ったより問題はなさそうです。

私が本を読めば、子どもも本を持ってくるし、ヨガの真似も楽しそうにしています。

私が笑えば、子どもたちも大笑いします。

逆に怒り過ぎたと自己嫌悪していると、長男が「疲れてるんでしょ?謝ればいいよ」と声をかけてくれることも。

完璧なママにはなれないとしても、子どもたちの反応を見ていると、これで大丈夫なんだと思えました。

引き続き、どうすれば上手に手が抜けるか、試行錯誤中です。


当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
宮野茉莉子の画像
宮野茉莉子

ライター/コラムニスト。
3児(2010年生まれ男、2015年生まれ男、2017年生まれ女)の母。
哲学好きで、考える楽しさを親子ともに伝えることが目標です...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 子どもが増えるほど自分時間もプラス!3人育児で「なりたい母」になれた気がする