1. 総合トップ
  2. >
  3. ライフスタイル
  4. >
  5. 夫婦・家族関係
  6. >
  7. 自分を大切にするほど愛される?夫の本音から気づいた夫婦円満のヒケツ

自分を大切にするほど愛される?夫の本音から気づいた夫婦円満のヒケツ

自分を大切にするほど愛される?夫の本音から気づいた夫婦円満のヒケツのタイトル画像

夫に「自分の時間がほしい」と伝えたら、「子どもが可愛くないの?」という急所をつく一言。夫の本音や、行動を観察すると、ある意外な夫婦円満のヒケツに気づくことができたのです。

「子どもが可愛くないの?」と言われて

先日、ワンオペ育児に疲れ、「仕事の時間が必要だからもっと育児と家事に協力してほしい」と夫に相談したところ、「子どもが可愛くないの?」と言われました。


実はこの「子どもが可愛くないの?」は、ずっと以前にも言われたことがあります。

「土日に自分の時間が欲しい」と話したときにも言われたのです。

結局、夫は私に一人時間をくれたのですが、当時は、「子どもより仕事や自分の時間を優先したいなんて、母親失格?」。

「1人になりたいなんて、私は子どもが可愛くないのか?」

と落ち込み、自分を責めました…。

が、あれから5年経ち、私も図太くなりました!



なぜ私が「一人の時間が欲しい」と主張すると、夫はそんなことを言うのか?

冷静に分析することにしました。


まず大前提として、夫は私がどれだけ子どものことが好きか、よ~く分かっています。

子どもと戦いごっこをしたり延々と可愛がる姿を眺めながら、「よくやるよね…」と毎度のように言われます。


「子どもが可愛くないの?」という言葉は、母親にとっては少なからず急所を突かれた感覚になります。

それだけに、本当に子どもを可愛くないと思ってる人に対しては、逆に言いにくい言葉かもしれません。


…なるほど。

もしかして!

夫は、私が子どもが可愛いくて仕方ないと知っているからこそ、¨わざと¨言っているのでは…?


おそらく、夫は自分のライフスタイルを変えたくないのかも。

育児と家事から逃げるために、威力のあるフレーズを使って論点をすり替え、私が諦めるよう仕向けているのではないか?と思ったのです。



自分を大切にするほど愛される?夫の本音から気づいた夫婦円満のヒケツの画像1
pixta_39674161_M

何でもやってくれる便利なお母さん


夫の本音に気付いた私。

試しに「子どもが可愛いからこそ、自分の時間が欲しいのよ!」と言い返してみました。


その日は休日でした。

すると、「だったら、カフェでのんびりして、好きに仕事でもしてくればいいじゃない」と夫が言ったのです。



そういえば……

夫は、以前にも「外に出て仕事でもしておいで」と休日に言ってくれたことがありました。


けれど、末っ子が小さくて心配だった私。

「自分がいれば子どもを危険から守れる。子どもの要求も叶えてあげられる。寂しい思いをさせたくない…。」

一人でいる時間よりも、子どもと一緒にいる時間を選択をしていたのは、他ならぬ、私自身でした。



育児や家事を頑張ろうとすればするほど、協力してもらえるチャンスを逃している…?



夫にいくらワンオペ育児の大変さを訴えたところで、実際に経験していない夫には、育児の大変さ理解するのは至難の業なのかも。



独身時代の私だって、育児の大変さなんて全く分かりませんでした。

誰でも「簡単に」できると思っていました。



それまで家庭内の全ての事をほぼ一人でこなしていた私。

性格上、何でも1人で抱え込み、解決しようとするところがありました。



これでは「協力し合うパートナー」というより、「何でもやってくれるお母さん。任せていればOK」と思われても仕方ありません。



夫を遠ざけていたもう一つの正体

末っ子も2歳になり、育児没頭モードも落ち着いてきた今の私。

どうにか気分を変えたくて、手始めにオシャレでもしてみることにしました。


すると、思いがけない変化が起きました。

夫が「おっ、今日はどうしたの?」と、いつもとは違う表情で聞いてきたのです。


別の日には、料理中に昔好きだった音楽を久しぶりに聴いていたところ…、

夫も、思い出したように昔好きだった音楽を聴くようになりました。


また、家でずっと続けているヨガを「そんなに続くなんてすごいね」と急に褒めてくれるようになりました。


私がオシャレをしたり、好きな音楽を聴いたり、趣味の時間を楽しんだり。

自分を優先させて、気ままに過ごしている方が夫が優しいのです。


しかも、懐かしそうに見つめる目は、「そうだった、君はこういう人だった」と喜んでいる感じがしました。

それはまるで、私を「1人の女性」と思い出したかのような反応でした。



長男を出産してから約9年、毎日育児に没頭してきた私。

いつも同じような服に、メイクも適当、テレビ番組も聞く音楽も幼児向けのものばかりでした。



そうか、育児に没頭し過ぎるあまり、私自身が夫を遠ざけていたのかもしれない…。

夫は、休んでいいよ、自分を取り戻す時間を尊重するよと、何度もサインを送ってくれていました。


それに甘えられずに「何でもやってくれるお母さん」を選んでいたのは私。

当初は協力的じゃない夫にイライラしていましたが、よくよく思い返せば、彼だけのせいじゃ無かった。


夫のやる気を失わせていた正体は、この私でした。



自分を大切にするほど愛される?夫の本音から気づいた夫婦円満のヒケツの画像2
pixta_42031669_M

ママのオシャレは「自分を大切にしているサイン」

「子どもが可愛いからこそ、気持ちにゆとりを持つために自分の時間も大事にしたいの」

「夫婦がお互いのキャリアを応援するのって素敵じゃない?」

今では、こんなふうに夫に伝えるようにしています。


最初は渋々でしたが、時間をかけて話し合うことで、段々と協力を得られるようになりました。



そうとなれば、口だけでなく行動で示すことも大切。

久しぶりにスカートをはき、マニキュアを塗り、イヤリングもするようになりました!

オシャレを楽しみつつ、好きな仕事に時間をかけ、土日には一人の時間も作ります。



それでも夫はなんだか嬉しそうです。

そんな夫の反応を見ながら、私も幸せをかみしめます。


オシャレをしたり、自分を磨く姿を夫に見せることは、私たち夫婦にはとても大事なことでした。



夫の「子どもが可愛くないの?」発言から一転。

思いがけず夫婦円満の秘訣にまで気がつくことができました。


これからも夫の協力を得ながら、自分の時間も大切に過ごしていきたいと思います。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
宮野茉莉子の画像
宮野茉莉子

ライター/コラムニスト。
3児(2010年生まれ男、2015年生まれ男、2017年生まれ女)の母。
哲学好きで、考える楽しさを親子ともに伝えることが目標です...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. ライフスタイル
  4. >
  5. 夫婦・家族関係
  6. >
  7. 自分を大切にするほど愛される?夫の本音から気づいた夫婦円満のヒケツ