1. 総合トップ
  2. >
  3. 帰ってくるだけで100点満点よ!安心感と幸せをくれた母の言葉たち

帰ってくるだけで100点満点よ!安心感と幸せをくれた母の言葉たち

帰ってくるだけで100点満点よ!安心感と幸せをくれた母の言葉たちのタイトル画像

母との想い出で覚えているのは、優しい笑顔と心に響く言葉ばかり。気がつけば、母から言われて嬉しかった言葉を、いつの間にか私も2人の子ども達に伝えていました。

「かわいい子、どこだどこだ~?あ!み~つけた!」

子どものころ、私は母に抱っこされて鏡の前で「かわいいこ、どこだどこだ~?・・・あ!!み~つけた!」と言いながら鏡に近づく、という遊びをしてもらうのが大好きでした。

母は鏡にうつる私の顔を見て、笑いながら語りかけてくれていたのですが、記憶の中に残っているのは、母の満面の笑顔。


ものすごく嬉しそうに笑う母を見て、私もつられて笑っていたのだと思います。

30年以上も前の話にはなりますが、鏡の中の母の笑顔は今も忘れません。


そして月日が経ち、私も2人の子どもの親になりました。

知らず知らずのうちに、子どもを抱っこして同じ言葉を娘や息子にかけていた私。

キャキャッと笑いながら喜んでくれる子ども達。

30年前の母と私の姿が、そこにはありました。


帰ってくるだけで100点満点よ!安心感と幸せをくれた母の言葉たちの画像1
pixta_44623120_M

「学校から帰ってきただけで100点満点よ」

小学校低学年にもなれば、少しずつ自分でできることが増え、自立心も芽生え始めます。

とはいえ、まだまだ甘えたい時期。

そんな時、よく学校から帰ってきた私を母が抱きしめながら、「帰ってきただけで100点満点よ」と耳元で優しく言ってくれていたのを覚えています。

最初その言葉を聞いた時は、とても驚きました。

「え!?帰ってくるだけでいいの!?」と聞き返した私。

そんなことでお母さんは嬉しいの?と不思議に思ったのです。

「もちろんよ。それだけで100点満点。」と繰り返す母。


それからも時々、母はその言葉を私に伝えてくれました。

その言葉を聞く度に、テストで100点を取らなくても、発表ができなくても、帰ってくるだけでいいんだ、と存在そのものを認めてもらえて安心できた記憶があります。


月日が経ち、今度は娘が小学1年生。

大きすぎるランドセルを背負って、熱い中、頬を紅潮させて元気いっぱいに帰ってきます。


玄関を開けるなり、楽しかったこと、面白かったこと、給食が口に合わなかったことなど、次々と繰り広げられるマシンガントーク。

そんな娘を見ていると愛おしくなり、私はかつて母がしてくれたように娘を抱きしめて、同じ言葉を言っていました。


娘はとっても嬉しそうな顔で、見上げてくれます。

私の中の嬉しかった記憶がまたよみがえり、温かい気持ちに包まれました。


帰ってくるだけで100点満点よ!安心感と幸せをくれた母の言葉たちの画像2
pixta_48258411_M

大人になっても、我が子はいつまでも大事な存在

そして、とっくに大人になった私にも、母は相変わらず優しい言葉をかけてくれます。


出産後、母は頻繁に手伝いに来てくれていました。

娘の相手をしてくれるだけでなく、私が少しでも楽できるようにと、栄養たっぷりの夕飯も持ってきてくれました。

来てくれるだけで本当にありがたかったのに、私の体のことまで考えてくれた母。

私は「ほんとごめんね、ありがとう」とよく言っていました。

すると、「あのね、孫ももちろん可愛いけど、お母さんにとって、あなたはずっとかわいい娘なんだからね!」と当然のように言われました。


母にとって、私はずっと娘。

私が娘や息子を大事に思うように、母は私のことを大事にし続けてくれています。

子どもが生まれ、「赤ちゃん第一」になっていた私にとって、私自身を大事に想ってくれる母の言葉はとても嬉しいものでした。

子どもたちが大きくなり、もし子どもを授かる時が来たら、同じ言葉をかけてあげたいなと思っています。


思い通りにいかない日々でも、ふと思い出す温かい言葉たち



もちろん、毎日こんなに穏やかでいられるわけではありません。

怒りすぎてしまって反省する日や、子ども達が拗ねたまま寝てしまう日。

思い通りにいかない日はたくさんあります。

でも、温かい言葉を子ども達に語りかけると、私自身まで幸せな気持ちになれます。



私の大切な言葉たちをご紹介します。


夜寝る前にギューっとされながら、「あなたは一番のたからものだよ」。


私がインフルエンザにかかり、看病している母にうつらないか心配した時。

「大丈夫、ママは絶対かからないから! あなたの風邪、すいとってあげる!」


ピアノの発表会前など緊張している時に。

「わかるわかる、ママも昔ピアノ習ってたけど、発表会は本当に緊張した! ママも一緒やったわ。」


肩こりに悩む母に、肩たたきをした時。

「魔法の手やね。触ってもらうだけで、楽になるよ。」


このように、母はいつでも私の気持ちに寄り添い続けてくれてきました。


親から言われて嬉しかった・安心した言葉や記憶は、大人になってもずっと残ります。

私も子ども達の心に、温かい言葉をたくさん残してあげたいと思っています。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
ふくふくの画像
ふくふく

小学1年生の娘と、3歳の息子、夫との4人暮らしです。日常の小さな喜びを大切に、日々過ごしています(^^)
...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 帰ってくるだけで100点満点よ!安心感と幸せをくれた母の言葉たち