1. 総合トップ
  2. >
  3. ライフスタイル
  4. >
  5. 夫婦・家族関係
  6. >
  7. ワンオペと極楽が交互に!シフト勤務パパとの育児・家事分担が成功したワケ

ワンオペと極楽が交互に!シフト勤務パパとの育児・家事分担が成功したワケ

ワンオペと極楽が交互に!シフト勤務パパとの育児・家事分担が成功したワケのタイトル画像

うちの夫は、タクシー運転手!シフト勤務なので、会社勤めの方とは仕事のサイクルが異なります。一方、私は9時から17時の勤務で共働き。そんな我が家での分担の仕方を紹介します。

シフトによって落差が激しいママの負担

私の夫はタクシー運転手なので、シフト制で仕事しています。

タクシー運転手でも、会社や勤務形態によって異なるそうですが、夫の場合は、「朝7時ごろ家を出て翌早朝まで働き、次の日は昼過ぎまで家で寝る」の繰り返し。

朝帰って来て寝ている日は“明け番”といって、家にいますがお休みではなく、勤務日の扱いとなっています。

警察官など他の仕事でも、シフトで働く方は、だいたいこんな感じだそうです。

つまり、妻目線で言えば、夫が全くいない「完全ワンオペDAY」と、保育園のお迎え&夕食の準備をお願いできる「楽ちんDAY」が交互にやってくるということになるのです!!


ワンオペと極楽が交互に!シフト勤務パパとの育児・家事分担が成功したワケの画像1
pixta_50513303_M

ワンオペの日はとにかくスピード重視

夫がいない日は、朝の頑張りがカギ。

6時起床、洗濯や朝食準備のほか、夕食の下ごしらえは朝のうちに。

可能なら、お風呂やトイレの掃除も終わらせて7時半ごろ出勤します。


お迎え後、18時15分ごろ帰宅し、夕飯。

洗い物をしながらお風呂にお湯を入れ、入浴→ハミガキ→絵本タイム、で就寝。

21時の消灯を死守するため、全力で駆け抜けます!


夕食はそのまま翌朝の夫の朝食になるので、メニューはそこを考慮して決めています。

忙しいし、息子のイヤイヤ期などは一人で悪戦苦闘していましたが、今は5才になってだいぶ楽になりました。


寝かしつけもかなりスムーズになり、夫が朝まで帰ってこないので、夜は静かな一人時間を満喫できるというお楽しみも♪


極楽の日は夕方の過ごし方にゆとりが

一方、夫が家にいる日ですが、午前中は寝ているため、出勤前の家事の流れはワンオペの日とだいたい同じです。

保育園のお迎えと夕食作りがパパ担当なので、私は多少残業をしたり、ちょっと買い物して帰ったりということも。

そこまで遅くなるわけではなく、ワンオペの日と比べてせいぜい30分程度の差ですが、「お迎えを頼める」という精神的余裕は、全然違う!

「ほんのちょっと100均に寄りたいんだけど」とか、「打ち合わせのスタートが16時…」とか、完全ワンオペだと厳しいことも、2日に一度可能になるのは大きいです。


ワンオペと極楽が交互に!シフト勤務パパとの育児・家事分担が成功したワケの画像2
pixta_39095128_M

シフト勤務の夫との分担、我が家の場合


…とはいえ、ここまで来るのが大変で、「楽ちんDAY」が本当に楽になったのは、実は最近になってから。

子供が生まれてから転職で運転手になったため、夫が仕事に慣れ、現在のスタイルに落ち着くまで、試行錯誤がありました。

最初のころは、のんびり屋の夫にペースを乱され「なんでワンオペの日より息子の就寝時間が遅くなるわけ?」みたいなことが発生したり。


料理をする人間が2人になることで、食材管理が混乱したり。

基本協力的な夫ですが、掃除などは苦手なため「もうちょっとやって…」と要求しすぎてしまうこともありました。


うまく回るようになったのは、

「最低限これをしてほしい」

「可能ならこれをしてもらえると助かる」

と、優先順位を整理したことがポイントだったと思います。


これについては、おそらく一般的な勤務時間のパパも同じかもしれませんね。



その時々で柔軟に


シフト勤務となると夫の体調や健康面も最初は心配でしたが、本人いわく「慣れてしまえば、毎日出勤するより楽だよ」とのこと。

車中ですぐ仮眠できるタイプだったのがよかったようです。

人によっては、似たような勤務形態でも、うちの夫と同じような協力は難しいパパもいるかもしれません。


我が家も、夫が40代になったら体がきつくなるかもしれませんし、息子の成長に伴って調整が必要なこともあるでしょう。

その都度、また夫婦で相談しながらやっていけたらと思います。


当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
ぺい子の画像
ぺい子

こんにちは!
九州在住、5才息子(2013年生まれ)の息子を育てる母です。
がっつり仕事しながらで忙しい毎日ですが、毎日息子に癒されています♪...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. ライフスタイル
  4. >
  5. 夫婦・家族関係
  6. >
  7. ワンオペと極楽が交互に!シフト勤務パパとの育児・家事分担が成功したワケ