1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 突然の2,380円のおねだりに…"豚コマ算"発動!

突然の2,380円のおねだりに…"豚コマ算"発動!

突然の2,380円のおねだりに…"豚コマ算"発動!のタイトル画像

3児の母“ハネサエ.さん”が執筆するnoteには家族との日常を描いたエッセイがたくさん。

子連れの買い物におねだりは付きモノ。

いつもよりお高い代物を要求されて、ハネサエ.さんが思い巡ったこととは…。


よくいく近所のスーパー。

そこではレジ横に雑誌類を陳列していて、もちろん子ども向けの商品もある。

昔から定番の、付録がついた、あの、あれ。

表紙にはアンパンマンだとか

プリキュアだとか

なんとか戦隊とかが

ぎゅうぎゅうに描かれていて、子どもたちを魅惑してしょうがない。



3人の子どもたちを引き連れてスーパーに行くと、お菓子だったり、ガチャガチャだったり、その時々でなにかしらをねだられる。



そして、ついに先日は、例の付録つき雑誌だった。



「ねぇ~これ買ってよ~!」

いきなり要求してきたのは、息子である。

さすが中間子、カツオ的センスに長けている。

実は、この日は幼稚園でマラソン大会が行われたのだ。

息子なりに、行事をがんばった今日なら「イケる」と判断したのだろう。

すると、息子の「イケる」をみていた娘も便乗した。

普段は優等生気質が邪魔をして、なかなかおねだりができないが、カツオが作ったこのチャンスには、すんなりのれる。


手にはすでにキャラメルをもっていたのに、あざとく少女雑誌に乗り換えると宣言した。


買ってやりたい。もちろん。


しかし、皆さんご存知でしょうか。

近頃の子ども雑誌のお値段を。

表紙に猛々しいヒーローがドアップになっているそれは、¥1900 と書かれていた。


スーパーマーケットで¥1900といえば、なかなかの高額商品なことは間違いない。


豚コマなら、なんと2キロは買えてしまう。


いや待て、いつも行くお肉屋さんなら、今日は特売だから67円/g、3キロ近く買える。


3キロの豚コマなら、うまくやれば一週間食いつなぐこともできる。


はたして子ども雑誌¥1900 に、家族五人、一週間分のエネルギーと同じ価値があるのだろうか。


豚コマ算がとまらない。



表情を失って呆然とする私を見て、息子は無理だと悟ったらしい。

やっぱりこれにする、とアンパンマンが描かれた雑誌を差し出した。

そこには¥670の文字。

豚コマ1キロだ。

娘はというと、サンリオキャラクターが描かれたピンク色の雑誌を持っていた。

こちらは¥980 。

豚コマだけで冷蔵庫が埋まってもしかたがないので、こんどは豚ひきで計算してみる。

1キロちょっと…だ。

合わせて2キロの豚肉たちがチラついて仕方がない。

雑誌が欲しい気持ちはわかる。

大好きなキャラクターが所狭しと描かれていて、どこを開いてもにぎやかしいその本が楽しくないはずがないのだ。それに加えて魅力あふれる付録まで。それはもう、わくわくするだろう。欲しくてたまらない気持ちになるはずだ。

わかる。ちゃんとわかってるんだ。

けれど、母さんは…どうしても豚コマ算がとまらないのだよ。

買う買わないと、あいまいな押し問答を繰り返しているうちに、退屈していた末っ子が、Eテレキャラが描かれたそれを見つけてしまった。

「ワンワン!!」そう叫ぶが早いか、すぐさま私に向かって突き出した。


三冊の合計は¥2380 、豚コマが……豚コマ……いや、豚バラだって、豚ロースだってたくさん買えてしまう。


キャラメルやぷっちょとはわけが違う。



ときめき真っ最中の子どもたちに、説明する。

「あのね、今日は本を買いに来たわけじゃないんだよ。ほしい気持ちはとっても分かるんだけど。

この本を買うお金で、たーくさんお肉が買えるんだよ。」

こちらもそう簡単にお財布を開くわけにはいかないのだ。

今日はお肉の特売日でまとめ買いする予定だし、お給料日はまだ先だし。

少しでも傷を浅くしたい一心で、ガチャガチャを提案すると、娘はあっさり飛びついた。

息子は意地を張りたがったけれど、末っ子がクレーンゲームにしがみついたのを見て、「これにする!妹に取ってあげたいから」と雑誌を手放した。

おねだりされた三冊は、思いのほか簡単にリリースできてしまった。

子ども雑誌にまったく罪はない。

よくできた代物だと思う。

何か月も、なんなら、何年も大事に読んでくれたりもするし。

すぐ飽きてしまうカプセルトイに比べたら、よほどよかったのかもしれない。

でも、スーパーで想定外の¥2380 を払えるほど私のハートは強くない。

そして、しつこいようだけど、この日はお肉の特売日だったから、お肉を買うはずのお金で、雑誌を買う気分にはなれなかったのだ。
そういうことって、ある。




…豚コマ算は続く。

子育ては日々、葛藤の連続ですね。


ハネサエ.さんのnoteには子育てや日常を切り口にしたエッセイがたくさん。

コノビー書き下ろし記事も近日公開予定!
お楽しみに!


(編集:コノビー編集部 阿久津)

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
コノビー編集部の画像
コノビー編集部

Conobie編集部連載では、「個性がのびる、子どもがのびる」をテーマに、スタッフが厳選したコラム・まとめ情報などをお伝えいたします。それぞれの家族が、「我が家...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 突然の2,380円のおねだりに…"豚コマ算"発動!