1. 総合トップ
  2. >
  3. 想像以上にサビシイ「親離れ」…だけど見守る!と決めたワケ

想像以上にサビシイ「親離れ」…だけど見守る!と決めたワケ

想像以上にサビシイ「親離れ」…だけど見守る!と決めたワケのタイトル画像

小3の長男が、下校後、自分の部屋で過ごすようになりました。想像以上の寂しさもありますが、成長を喜ぶように心がける日々です。

小3になって自分の部屋で過ごすようになった長男


小学校に入学してから、「自分の時間が欲しい」と言いはじめた長男。

ずっと「ママと一緒じゃなきゃダメ」な甘えん坊でしたが、小1から「1人でお風呂に入りたい」ということが増えました。

「俺も学校で疲れてるから、お風呂でリラックスしたいんだよ」と、まるで大人のような発言もするように…!


2年生になってからは、ゲームの時間や本を読むときだけ、自室で過ごすように。

弟と妹がいるため、「うるさいから集中できない。1人になりたい」とのこと。


3年生になってからは、下校後すぐに自分の部屋に直行し、夕食までの時間を過ごす日も増えました。

そして「今日は忙しいから、一緒にいる時間少ないよ」と、生き生きした表情で報告…!

私としては長男との時間が減り寂しいものの、本人は1人の時間を過ごすことが嬉しいようです。



想像以上にサビシイ「親離れ」…だけど見守る!と決めたワケの画像1
pixta_39779361_M

「1人だけの世界」が嬉しい子ども


長男の表情を見ながら、自分も子ども時代、1人の世界が増えると嬉しかったことを思い出しました。

特に大学入学で上京する際は、親の寂しさも考えず、新生活のことで頭はいっぱい。

在学中は帰省することも連絡することも多くはありませんでした。


親は何も言いませんでしたが、自分で子どもを育てるようになった今、「寂しい思いをさせてしまったかも」と思います。

同時に、子どもには「親に寂しい思いをさせて悪いから」と、遠慮してほしくないとも思いました。


正直に言うと、親の立場としてはかなり寂しいです。

ですが、あまりに親が寂しがるせいで、子どもに罪悪感を覚えさせるようなことは避けたいもの。

子どもには自分の好きなことを思いきりしてほしい。

そう思い、成長を喜ぶよう意識することにしました。



想像以上にサビシイ「親離れ」…だけど見守る!と決めたワケの画像2
pixta_17417389_M

長男との時間を振り返って思う事


一方で、子どもの手が離れ始めて、考えることもあります。

長男の入学と同時期に3人目が生まれ、それから長男との時間はガクンと減りました。


ずっと続けてきた寝る前の読み聞かせが、できない日もたびたび。

大きくなった長男に下の子たちの面倒を見てもらったり、ガマンさせる機会も増えました。


よく「寂しい」「ママの充電が足りないよ」「こっちに来てよ」と口にしていた長男。

出来る限り長男との時間を作ろうと意識はしていたものの、手のかかる下の子たちのお世話に仕事、家事で、私の心に余裕もなく。

「寂しい思いをさせてごめんね」と思う日も多かったのです。


今年で9歳、もし18歳で家を出ると考えると一緒に住めるのもあと9年です。


そろそろ思春期に入り、「寂しい」とも言わなくなるでしょうし、寂しいから抱っこという年齢でもなくなります。


先日は長男に「土日1時間でいいからデートしよう」と言われました。

こんなことを言ってくれるのは、あとどれくらいでしょう。


長男との時間を大切に、今のうちに長男との時間を作ろうと改めて思うのでした。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
宮野茉莉子の画像
宮野茉莉子

ライター/コラムニスト。
3児(2010年生まれ男、2015年生まれ男、2017年生まれ女)の母。
哲学好きで、考える楽しさを親子ともに伝えることが目標です...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 想像以上にサビシイ「親離れ」…だけど見守る!と決めたワケ