1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 7-12歳児
  6. >
  7. 子ども同士の「お約束」は、危険と安全を教えるチャンス!

子ども同士の「お約束」は、危険と安全を教えるチャンス!

子ども同士の「お約束」は、危険と安全を教えるチャンス!のタイトル画像

小3の娘は、交友関係も広がり、放課後に遊ぼうと誘われることも多くなりました。お友だちと安全に遊ぶための我が家の工夫です。

子ども同士のかかわりが増えると


小3になった娘は、お友だちも増えて、放課後に一緒に遊ぼうと誘われることも多くなりました。

親子ともども嬉しく思っていたのですが、ここでひとつの問題が。

我が家は学校のほど近くにあるため、通学路が短く、生活範囲も学校周辺のみ。

同じ学区とはいえ、学校から離れた場所に住お友達のお家までは、なかなかの距離があります。


娘もお友だちの家に行きたい気持ちはあるけれど、1人きりになる帰り道のことを考えると少し不安な様子。

子どもの説明はあいまいですし、まだ携帯も持たせていません。

行きはお友だちと一緒でも、帰り道は迷ってしまう可能性も。

昼間と夕暮れでは町の印象が変わったり、交通量が大きく変わったりする場合もあります。

私もまた、さまざまな心配事が頭に浮かび、「行ってらっしゃい」とすんなり送り出すことはできませんでした。



子ども同士の「お約束」は、危険と安全を教えるチャンス!の画像1
pixta_21675342_S

親子で不安を解決するために


安全は確保しつつお友達と遊べるように、まずはお友達のお家まで、私もついて行ってみることにしました。

何をするかというと、どの道を通るのか、車など危ない場所はないかなど、歩きながらチェックするのです。

娘が一人でも帰って来れそうかどうか判断して、帰る時間や、友だちに送ってもらう場所、私がどこまで迎えに行くかなど約束事項を確認します。

こうすることで、娘は帰り道の見通しがつき、私も自分の目で確認したので、安心して送り出すことができます。

お家にお邪魔するのではなく、公園などで遊ぶ場合は、1人でトイレに行かないなど、お友だちも一緒に約束してもらいます。

守れていることを確認してから、一旦家に戻って、子どもたちだけの時間も楽しんでもらいます。

また、お友だちが我が家に遊びに来てくれた場合には、できる限り帰りお家の近くまで見送ります。

送り迎えをしていると、お友だちからも通学路のことや学校のできごと、街の情報を教えてもらえるし、私も娘のお友だちと仲良くなれるので一石二鳥なのです。



元気な「ただいま」を聞くために


最近、事故のニュースをよく目にします。

そのたびに、どうして事故が起こったのか、事故に遭わないためにどうするべきか、そして、どれだけ注意をしていても事故に巻き込まれることがあるなど、子どもたちと話し合うようにしています。

でも、実際にどのようなところが、どのように危ないかは、口で言ってもわかりづらいところがあります。

お友だちのお家へ行くときは、数十分の徒歩移動で、横断歩道や狭い歩道をいくつも渡らなければなりません。

横断歩道の渡り方はもちろん、歩道はお友だちと連なって歩かない、本などを見ながら歩かないなど、どのようなことをすると危ないかなど、その都度確認しています。

お友だちのお家までいっしょに回りながら、交通ルールや安全確認をすることは、繰り返すと安心感になります。

子どもたちも、危険な目に遭う可能性や守るべきルールがあること、自分自身を守るのは自分だということを、少しずつ身をもって体感しているようです。

今後は娘もひとりで、また友だち同士で、出かける機会がさらに増えていくと思います。

せっかく楽しく遊びに行くのだから、元気に「ただいま」と言って帰ってきてほしいものです。

そのための努力を、心配しながら試行錯誤しています。



当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
misakiの画像
misaki

小2の娘ともうすぐ一年生の息子のママです。娘と息子といっしょに過ごす毎日は、驚きと笑いと発見の連続! てんやわんやの日々を笑顔で伝えていきたいデス。...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 7-12歳児
  6. >
  7. 子ども同士の「お約束」は、危険と安全を教えるチャンス!