1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 登園渋り、入園後の病気やケガ…正反対な兄弟それぞれの乗り越え方

登園渋り、入園後の病気やケガ…正反対な兄弟それぞれの乗り越え方

登園渋り、入園後の病気やケガ…正反対な兄弟それぞれの乗り越え方のタイトル画像

入園シーズンのこの時期、登園渋りへの対応には手を焼きますよね。さらに入園後1年間は、ケガや病気も気になるところ。わが家には大人しい長男と、ヤンチャな次男がいますが、それぞれのケースをご紹介します。

登園渋り…シクシク泣く長男と、大暴れの次男


わが家には大人しくて繊細な長男と、ヤンチャで行動派の次男、未就園児の長女がいます。

長男は2歳半で、次男は3歳で幼稚園に入園しました。

入園時、気が重かったのが「登園渋り」への対応。

可哀想にも思うし、でも行ってもらわないとだし、複雑な感情になりますよね…!

まず2人とも、「着替えたがらない」「車に乗りたがらない」状態でした。

朝は忙しく怒ることもありますが、幼稚園に行きたくないナイーブな子を怒っても、逆効果。

朝ごはんを好きなものにしたり、おやつを楽しみなものにしたり、テレビを見たり、行く前は抱っこをしたりして乗り切りました。

長男は幼稚園に向かう車内でシクシク泣き始め、別れるときにギャンギャン大泣きするタイプ。

前日の夜から「幼稚園行かない」と言ったり、「明日は幼稚園?」と聞いてくることも多かったです。

6月入園でしたが、10月の運動会が終わった後から少しずつ落ち着きました。


次男の登園渋りは、長男よりダイナミック。

ギャン泣き、怒る、大の字に寝そべる、ジタバタ抵抗は当たり前。

上靴に履き替えたものの、やっぱり脱ぎ捨て、靴下のまま1人門に向かって逃走!ということも…。

当時は乳児の長女を抱えながら対応したので、苦労しました…。

いつもは教室まで連れて行ったのですが、一度担任の先生が次男を抱え、門から教室まで連れていくことがありました。

大暴れしながら連れて行ったので、その日は「可哀そうだったかな。明日は私が連れて行くと先生に話そう」と心に決めました。

ところがそれを機に、次男が「1人で教室まで行ってみる」と言うように。

どうやら先生と行けたことが勇気になったようです。

それから少しずつ泣くことも減り、1学期の最後に落ち着きました。


登園渋り、入園後の病気やケガ…正反対な兄弟それぞれの乗り越え方の画像1
出典:pixta_15124669_S

入園後の病気は?


入園すると、毎月保育園で病気をもらってくるイメージがありますよね。

長男は入園してから1年半の間、毎月熱を出しました。

熱も39度以上、4~5日は発熱ということがしばしば。

年中になって落ち着きましたが、小学3年生となった今でも、3月、6月、9月、12月という季節の変わり目に体調を崩します。

不思議ですが、気管支の弱い長男がかかる病気は咳が強いものが多く、胃腸炎やインフルエンザは今までもらってきていません。


一方の次男が毎月熱を出したのは、入園後8か月間。

次男はインフルエンザや胃腸炎ももらってきます。

ちなみに長男は食が細く、次男は食欲旺盛なタイプです。

同じ男の子でも、個人差が大きいことを実感しました。


登園渋り、入園後の病気やケガ…正反対な兄弟それぞれの乗り越え方の画像2
出典:pixta_18187196_S

ケガをほとんどしない長男と、ケガは日常茶飯事の次男


小さな体で園庭を駆け巡り、遊具で遊んでいると、ケガも心配ですよね。

とっても慎重派の長男は、幼稚園3年間でケガをしたのは1回のみでした。

走っていて遊具におでこをぶつけたことがあったのです。

少しのケガでも泣いてしまう繊細な長男は、普段から「危険なこと」を避けていて、用心深い性格の持ち主。


一方の次男は、小さな頃からケガが多く、「少しは考えて動いて!」なんて周囲の大人に言われるほどです。

年少の1年間で、おでこをぶつけること3回。

転んで手足に擦り傷を作ってきた回数なんて、数えきれません。

三輪車に乗っていて転び、ハンドルに目を打ったこともあり、受診した結果大丈夫でしたが当時はヒヤヒヤしました…。

今は次男も4歳になり、恐怖心が芽生え、少しずつ気を付けるようになったように思います。

ただ、生まれ持った性格は変わらないので、次男には気を付けるようによく話しています。

小さい子は、まだまだ心配事が多いですよね。

今日も「無事に帰ってきますように」と願って送り出そうと思います。


登園渋り、入園後の病気やケガ…正反対な兄弟それぞれの乗り越え方の画像3
出典:pixta_21424581_S

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
宮野茉莉子の画像
宮野茉莉子

ライター/コラムニスト。
3児(2010年生まれ男、2015年生まれ男、2017年生まれ女)の母。
哲学好きで、考える楽しさを親子ともに伝えることが目標です...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 登園渋り、入園後の病気やケガ…正反対な兄弟それぞれの乗り越え方