1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 3-6歳児
  6. >
  7. おねしょ対策と布団マットレスの対処法!重曹を使った臭い&シミ取り方法も

おねしょ対策と布団マットレスの対処法!重曹を使った臭い&シミ取り方法も

おねしょ対策と布団マットレスの対処法!重曹を使った臭い&シミ取り方法ものタイトル画像

トイレトレーニング中や完了後に付き物なのが、子どものおねしょ問題ですよね。布団は簡単に洗えませんし、臭いも残ってしまいがち。「できればおねしょを防ぎたい!」と考えるママも多いのではないでしょうか。そこで今回は自宅でできるおねしょ対策から、おねしょをされた布団やマットレスの対処法、重曹を使った臭いやシミ取りの方法、クリーニングなどについてご紹介します。

布団におねしょシートをつける!手軽で便利なマスト対策

おねしょ対策と布団マットレスの対処法!重曹を使った臭い&シミ取り方法もの画像1
pixta_50820705_S


布団におねしょをされ、その後の対処に苦労した経験のあるママも多いことでしょう。

おねしょ対策におすすめなのは、防水シーツを利用することです。

おしっこが布団やマットレスにまで染みこまなければ、敷きパッドや防水シーツを洗うだけなので手間が激減します。


おねしょケットなら寝相が悪くても安心!お腹も冷えず一石二鳥

おねしょ対策と布団マットレスの対処法!重曹を使った臭い&シミ取り方法もの画像2
pixta_42383511_S


防水シーツを使用していても、特に寝相が悪くなる夏場などは、防水シーツがよれてしまって、布団までしみてしまった…なんてことも。

そんなときには、防水シーツに併用して、タオルやバスタオルを使って20分程で簡単にできる「おねしょケット」の使用がおすすめ。

どんな寝相でもおねしょ対策ができます。


【材料】
・家庭にあるタオル(1~3歳はフェースタオル、4歳以上は小さめのバスタオル)1枚
・防水シーツか、おねしょシーツ
・手芸用ゴム(10ミリ幅)
・スナップボタン 3~5個

【作り方】
(1)防水シーツをタオルと同じ大きさに切り、2枚合わせて周りを縫う。

(2)(1)を輪にし、3センチほど重ねて上から約10センチ縫う。

(3)(2)で縫った部分を半分折り返し、3センチほど残して一周縫う。

(4)子どものウエストに合わせたゴムを通し、端を1センチ重ねて縫う。

(5)表に返してボタンを付ける。


これならお腹周りを守ってくれるので、寝冷え対策にもなります。

1回作ってしまえば、洗濯して何度も使えるので経済的。

布団やマットレスまでおねしょがしみこまないので、シミや臭いの心配をしなくて済むので助かるでしょう。

おねしょの心配がなくなる年齢まで、重宝します。


おねしょした布団は重曹で臭い消し

おねしょ対策と布団マットレスの対処法!重曹を使った臭い&シミ取り方法もの画像3
pixta_42574569_S


「おねしょ対策をしていてもおねしょで布団が濡れてしまった!」ということもあります。

おねしょのシミや臭いはとれづらく、対処に苦労しますよね。

そんな時は「重曹」を使って対処するのがおすすめです。

「重曹」は水分だけでなく、臭い対策までしてくれちゃうんです。

おねしょで布団を汚してしまった時の「重曹」を使った対処方法をご紹介しましょう。


おねしょの布団にはすぐ重曹


おねしょをされてしまったら、まずはタオルやいらなくなったオムツを使って、布団やマットレスの水分をしっかり吸い取りましょう。

水に重曹を入れた「重曹スプレー」を用意し、おねしょの跡にたっぷりかけましょう。

重曹がおしっこの臭いを吸収してくれます。

忙しい朝は重曹を直接ふりかけておくだけでも、臭いをある程度取り除くことができます。

朝が忙しいママには、おねしょ対策に「重曹」を普段から用意しておくと良いでしょう。


この記事を書いた人
宮野茉莉子の画像
宮野茉莉子

ライター/コラムニスト。
3児(2010年生まれ男、2015年生まれ男、2017年生まれ女)の母。
哲学好きで、考える楽しさを親子ともに伝えることが目標です...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 3-6歳児
  6. >
  7. おねしょ対策と布団マットレスの対処法!重曹を使った臭い&シミ取り方法も