1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 疎遠だった実母の目に涙…。子どもがつないでくれた新たな絆<第二回投稿コンテストNo.62>

疎遠だった実母の目に涙…。子どもがつないでくれた新たな絆<第二回投稿コンテストNo.62>

疎遠だった実母の目に涙…。子どもがつないでくれた新たな絆<第二回投稿コンテストNo.62>のタイトル画像

学生時代も、社会人になってからも、実母とは淡白な関係だったズムさん。妊娠を告げてもその反応は薄く、期待していなかったはずなのに、どこか寂しい思いがあったそうです。ところが実際に子どもが誕生してみると、その関係は驚くほど変わっていったのです。

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10736005827


子育てで驚いたことは、私と実母との関係の変化です。

私と母親は昔から淡白な親子関係でした。

幼い頃に両親が離婚し、私と弟は母親に引き取られ育てられましたが、母親からは干渉されず会話も少なくというような感じでした。

友達からは親がうるさくなくて羨ましいと言われていましたが、私的にはそれが寂しいと思うこともよくありました。高校卒業後家を出て大学に通い、社会人になりましたが、その期間も連絡はほぼ取らず。

結婚したときは喜んではいましたが、いつも通りのあっさりとした感じの喜び方でした。

そして妊娠報告をした際も、あらそうなの。と一言。

妊娠中も淡白な態度でした。

臨月に入り、何かあったら連絡するから携帯チェックしといて。と伝えたにも関わらず、用事があって電話やメール等をしても返信はおろか、一週間程音信不通で、さっぱり携帯など見てなさそうでした。

まぁ、いつものことだし私には興味がないんだろうな。と冷静に思う反面、切なさと寂しさは多少はありました。



そして私の出産も無事に終わり、2873gの男の子が産まれました。

緊急の帝王切開になりましたが、赤ちゃんは無事に産まれてくれました。

緊急手術になるという報告と、出産が無事に終わった報告を主人が母親にしてくれていたみたいで、私は、へぇ、連絡ついたんだー。と感じていました。

すると主人が、電話越しでお母さん泣いてたよ。と伝えてきました。

それを聞き、え??お母さん?泣いてた??と軽くパニックを起こしました。

私のことでお母さんが泣くの?と思いビックリして唖然としたのです。

そして入院中に母親に電話をし、初孫見に来てみる?と冗談っぽく聞いてみました。

すると、私なんかが行っていいのかしら。との返事がありました。

私はきっと来ないだろうと思っていたので、その返答にもビックリ。



そして何時間か後に病院に到着。思っていたよりも早めの来院でした。

初孫との対面の時、母親は赤ちゃんを起こさないようにそっとベビーベッドに近づき、静かに私の息子の顔を眺めニコニコしながら目に涙を溜めていたのです。

まさかの反応でした。

孫の誕生を本当に喜んでいるんだということが伝わり、胸が熱くなりました。

私は記念になるとだろうとその時にビデオを回していたので、母親が帰ってからもう一度その時の映像を見返しました。

目を赤くしながら瞬きを繰り返している母親を見て、私も思わず泣いてしまいました。

子供が生まれても他人事のような態度を取られると予想していたのです。



その日から私と母親の関係が徐々に変わっていきました。よく連絡を取るようになり、孫の顔を見に来るようになり。子供の誕生日などのイベントにも参加するようになりました。

私と母親の距離が格段と近づいていったのです。今では週3回も遊びに来てくれるようになりました。

母が息子をこんなに可愛がってくれるとは思っていませんでした。

今は生き甲斐になっていることが目に見えてわかります。

いつも忙しくしていた母親の記憶しか残っていないので、母親が孫に向ける笑顔を見ていると、私が子供の頃にもそんな優しい顔で笑いかけてきてくれてた時があったのかもなぁ。と想像している自分がいます。

子育ての大変さを知り、その頃の母だって同じように大変だったはず。とあの頃の母親と自分を重ねて考えることが増えていきました。

そして感謝の気持ちを持ちながら母親に接する事が増えていきました。



子供が生まれてきてくれたお陰で私がずっと引きずっていた母親との関係を見直すことができました。

二人目出産後、孫は子よりも可愛いとばかりに(笑)、母の孫たちへの溺愛っぷりは益々止どまることを知らず。

本人はとても幸せそうにしています。

それを見ると少しでも親孝行が出来てるのかな。と思います。

こんなに母親との関係がよい方向に変わるなんて思ってもいなかったので本当に驚きです。

今は子供たちもばあちゃんが大好きで、ばあちゃんが遊びに来る日は玄関に何回も見に行くほど。ばあちゃんと一緒に笑っている子供たちを見ていると、たくさんの幸せな気持ちが溢れてきます。

これらの私と母親の関係の変化が子育てをしていてとても驚いたことでしたが、とても嬉しい驚きでした。


ライター:ズム



当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
コノビー記事投稿コンテストの画像
コノビー記事投稿コンテスト

コノビー初の記事投稿コンテスト開催中!
※2018年10月1日(月)0時〜10月26日(金)23時59分まで

テーマは「出産」。
様々な出産に関する体...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 疎遠だった実母の目に涙…。子どもがつないでくれた新たな絆<第二回投稿コンテストNo.62>