はじめての育児に大わらわ!わたしのカラダは大惨事!?<第二回投稿コンテストNo.55>のタイトル画像
公開 2019年01月14日  

はじめての育児に大わらわ!わたしのカラダは大惨事!?<第二回投稿コンテストNo.55>

7,401 View

不安いっぱいの初めての育児。ついつい自分のことは後回しになってしまうものですよね。けだまさんもその一人。次々と訪れる試練に立ち向かっていくうちに、気づくと自分の体が…?


>【第一話】から読む


出産して驚くことはたくさんありましたが、一番「え、なんで!?」と驚いたのは『自分の体がボロボロになっていった』ことです。



まずは「授乳」。

幸い、おっぱいはよく出てくれたのですが、ものすごく詰まりやすく何度も乳腺炎になって高熱を出したり、先っぽが切れたりで大・惨・事。

ちょっと触れるだけでも痛い!けど、赤ちゃんに飲んでもらいたいし、何より飲んでもらわないともっと詰まる…。

ぎゃぁぎゃぁ泣き叫びながら授乳しました。

授乳しているママって聖母なイメージあったのに~!?


はじめての育児に大わらわ!わたしのカラダは大惨事!?<第二回投稿コンテストNo.55>の画像1


また、慣れない抱っこを繰り返すうちに、腕、膝、腰に違和感が…。

だんだんと動きにくくなってきて、そのうちどうしようもなくなり、赤ちゃん連れで通える病院を探して長いことお世話になりました。

とにかく毎日体が痛い!バキバキなり続ける体が重い。

がっつり眠れないから回復もしない、という負のループに陥りました。


はじめての育児に大わらわ!わたしのカラダは大惨事!?<第二回投稿コンテストNo.55>の画像2


あと、よく言われている「抜け毛」の多さ…。

話には聞いていたけど、ま、まさかこんなにも!?とお風呂の排水口を見て愕然しました。

加えて毛はパッサパサ。キューティクルがすべて消えました。というか部屋じゅう私の抜け毛…?

拾った抜け毛がなにか役に立たないか考えたこともありました。


はじめての育児に大わらわ!わたしのカラダは大惨事!?<第二回投稿コンテストNo.55>の画像3


今振り返れば、授乳の悩みは早めに病院や母乳外来なるものを受診すればよかったなと思うし、抱っこも負担が少ない抱っこ紐を購入してみる手もあったかもだよなぁと思うのですが、あのときは本当に必死でした。

不器用ながら毎日必死に赤ちゃんを守るために生きていた気がします。

でもあんなに辛かった日々が今はこうやって笑い話になっていることも、また、驚きです。

ちなみに今は髪の毛もまたふさふさです。ちょっと多すぎるかも。


ライター:けだま



※ この記事は2024年06月04日に再公開された記事です。

Share!

連載「第二回 記事投稿コンテスト 『驚いたこと』」のタイトル画像
連載「第二回 記事投稿コンテスト 『驚いたこと』」 #55
コノビー記事投稿コンテストのタイトル画像 コノビー記事投稿コンテスト