1. >
  2. 産後うつにならないために!産後に目を使わない方がいい3つの理由

産後うつにならないために!産後に目を使わない方がいい3つの理由

産後うつにならないために!産後に目を使わない方がいい3つの理由のタイトル画像

最近の産後ママがやりがち、だけど本当は注意したほうがいいこと。それは、産後、特に産褥期に目を使うこと。スマホやSNS、目を使わなければ生きられないこの時代に、それでも産後目を使わない方がいい理由、おつたえします。

現代は、目を使う場面がたくさん!

最近は、facebookやTwitterなど、ネットを使ったコミュニケーションをされている方が多いですよね。陣痛なう、ではないですが、産まれた後、あまりの喜びと解放感で、赤ちゃんや自分の写真をアップしている人を、たくさん見かけます。



私自身も、Facebookやブログなどをやっていますので、気持ちは、すごく良くわかります。ましてや、出産直後、赤ちゃんはかわいいし、出産という一大イベントが終わった後、いろいろ書きたくもなりますよね。



でも、産後に目を使うこと、特に電子機器を使うことは、できれば避けたほうが良いんです。今回は、産後に目を使わない方が良い理由を、体の3つの観点から、お伝えします。

産後うつにならないために!産後に目を使わない方がいい3つの理由の画像1

産後に目を使わないほうが良い理由:その1

目は「肝」とつながっています。



中医学という学問に五行という考え方があります。目の疲れは、「肝」の疲れにつながると言われています。

肝といえば肝臓、体の様々な毒素を解毒してくれるところ。目の疲れが体の解毒力を邪魔してしまうと、産後の疲れもなかなか取れなくなってしまいます。

産後に目を使わないほうが良い理由:その2

目を使うと、交感神経が活性化します。



ご存じのように、人間には、交感神経と副交感神経という2つの神経の流れがあります。起きているときは、交感神経が活発に働きます。特に目を使うということは、脳を使っているということになります。



一度活性化した交感神経は、いきなりシャットダウンできないので、しばらく興奮状態が続いてしまいます。身体を休めなくてはいけない産後に、たとえ見た目では横になっていたとしても、脳が興奮状態では、休まるものも休まらない、ですよね。

産後に目を使わない方が良い理由:その3

目から入る情報に、あなたの心が刺激されます。



目を使う、って、どのようなイメージでしょうか?おそらく、遠くの山を見たり、おうちの周りの景色を見たりすることに対して、「目を使う」とは言わないと思います。目を使うというとき、それは、なんらかの「情報」を、目から(もちろん耳からも)取り入れている、ということ。



情報は、プラスになるものもありますが、時に心を不安定にさせるものもあります。産後のデリケートな状況の中で、世の中で起きている不安な出来事、赤ちゃんにマイナスの出来事を見たり聞いたりすることで、心穏やかに過ごせなくなる人も多いのです。

産後は目を使わない。特に出産から3週間の、産褥期、と言われている間は、PCや携帯(スマホ)、テレビなどからなるべく離れて、ゆったりとした気持ちで過ごすことをオススメします。助産院のなかには、携帯やスマホは、産褥床(お母さんが休んでいるお布団)には持ち込みを禁止しているところもあるほど。



電子機器から目を離して生活すると、毎日表情が変わる赤ちゃんの様子や、日々回復していく自分の体の様子などを、じっくりと感じることができ、余裕のある子育てにつながりますよ。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

熊野薫

株式会社えん・プロおよび、産後ママのための保育つき出張リフレクソロジーサロン~みまもりリフレ~代表。
大学卒業後、大手サロンでのセラピスト・インストラクター経...

もっと見る

  1. >
  2. 産後うつにならないために!産後に目を使わない方がいい3つの理由