1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. すぐ使える!「伝え方の工夫」で夫婦間コミュニケーションをスムーズに<第二回投稿コンテストNo.49>

すぐ使える!「伝え方の工夫」で夫婦間コミュニケーションをスムーズに<第二回投稿コンテストNo.49>

すぐ使える!「伝え方の工夫」で夫婦間コミュニケーションをスムーズに<第二回投稿コンテストNo.49>のタイトル画像

「伝え方が大切」とは、家庭のなかでも、社会のなかでもよく耳にする話題ですよね。特に育児に関することとなると、伝え方を間違えただけでいらぬ夫婦喧嘩が勃発してしまったり…。そんなストレスを減らし、夫婦のコミュニケーションを円滑にしたい方、亀井さんが発見した「伝え方のコツ」をお試ししてみてはいかがですか?

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10373016736

育児をしてたらコミュニケーションの新たな形を発見した!


「感謝の言葉を言い合うことって苦手…」

「家事を手伝ってほしいけど、前向きにやってくれなくて…」

など、夫婦間のコミュニケーションにおいて、そんなネガティブな言葉を耳にすることって少なくないように感じます。

私が育児で驚いたのは、「会話の主語を変えることで、夫婦間のコミュニケーションがこんなに変わるんだ!」ということでした。

これから育児がいよいよ始まるという方や、なんとなくお互いに言いたいことを言えないことに悩んでいる…、というパパさんママさんにとって、何かきっかけとなればよいなぁと思っております。



気づいたのは、おむつ替えの”譲り合い”のシーン


「会話の主語を変えると、コミュニケーションが変わる」

そのことに気付いたのは、おむつを替えてほしくて娘がおにゃおにゃ泣いていたある日のこと。

この日はパパもママもお疲れており、どっちかが変えてくれるだろうとお互いに思っていましたがどちらも動かず…。

そんなときにママさんが、私に変えてほしいと伝えたのです。しかしそれは次のような言葉でした。

「パパ、早くおむつを替えてほしいのよー!!」

娘(1歳なのでまだしゃべれない)の言葉を代弁するようにして、婉曲的にパパにお願いをしたのです。

私はおそらく「パパが変えてー!!」と直接的に「ママからのタスクの要望」として依頼されていれば、不承不承だったかもしれないです。

でも、「子どもからの願望」として伝播されたことで、「○○ちゃん、替えようねー!!」と素直に受け止めることができたのです(嘘みたいな本当の話…)。


「会話の主語を変えると、コミュニケーションが変わる」とは、子どもを主語にしコミュニケーションをとること。

会話の出所を変えてしまうことで、「タスクの要望をお互いが直接に」、ではなく「子どもの不快の声を子どもから直接に」、という風に変えてしまうことができるのだと。

子どもからの主張であれば…という認識の変化で、嘘みたいにすっと受け入れることができたのです。


私たち一家ではお互いに何かを言いたいときには、以下のように活用したりしています。


活用シーン①【ごはんの後】


(離乳食を私が作って子どもが食べ終わった後に)

ママ「食器洗いもお願いできる??」

パパ「・・・わかりました」

ごしごし…



会話の主語を子どもに変えて…

↓↓

子ども(ママ)「パパー。今日のごはんは新メニューだったわねー。とってもおいしかったわよー。ごちそうさまでした。いつもおいしいごはん作ってくれてありがとう!!」

パパ「おいしく食べれてよかったねー!!」

なかなか面と向かっては言いにくい感謝の言葉も子どもを主語にすることで、スパッと自然に言えちゃったり。


この記事を書いた人
コノビー記事投稿コンテストの画像
コノビー記事投稿コンテスト

コノビー初の記事投稿コンテスト開催中!
※2018年10月1日(月)0時〜10月26日(金)23時59分まで

テーマは「出産」。
様々な出産に関する体...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. すぐ使える!「伝え方の工夫」で夫婦間コミュニケーションをスムーズに<第二回投稿コンテストNo.49>