福島には小正月(1月14日)に、家族の無病息災、家内安全や五穀豊穣を願う「だんごさし」という風習があります。

雪景色で花のない季節に、少しでも彩りをもたせるという意味もあるそうです。

※やり方など地域差があります。