1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 0歳児
  6. >
  7. 寝返り防止クッションって必要?手作りできる?使い方や効果などをチェック

寝返り防止クッションって必要?手作りできる?使い方や効果などをチェック

寝返り防止クッションって必要?手作りできる?使い方や効果などをチェックのタイトル画像

赤ちゃんは5~6ヵ月になると寝返りをはじめますが、最初のうちはうつぶせになった状態から、うまく元に戻れないことがあります。そんな時期に利用したいのが寝返り防止クッションです。ママの口コミサイトでも、使い方やその効果、いつまで使うか、手作りできるか、など様々なことが話題に上がっています。ここではそんな「寝返り防止クッション」について、詳しくお伝えしていきます。

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10161009003

寝返りが始まったときの注意点


赤ちゃんが寝がえりをするようになる頃には、首を動かして気になる方へ顔を向けたり、足をよく動かしたりと動きが活発になってきます。

そんなとき、うまくくるんと寝返りができればいいのですが、元に戻れずうつ伏せになったままの状態になってしまうと事故につながってしまうことも。

少しでも目を離すのが心配になりますが、かといって、いつまでも赤ちゃんのそばにいて見ているわけにもいきません。

赤ちゃんの寝返りが始まった時、どのような点に注意すればいいのでしょうか。


タオルや枕などでの窒息に注意


寝返りを始めたばかりの赤ちゃんは、うつ伏せのまま元の状態に戻れないと、窒息の恐れがあります。

やわらかすぎる布団だと元に戻りにくかったり、枕やクッション、毛布に顔が埋もれてしまうと大変危険です。

寝返りのしやすい、ほどよい固さのあるベビー布団を用意し、周囲には何も置かないようにしましょう。


赤ちゃんの思いもよらない誤飲事故に注意


赤ちゃんが寝がえりできるようになると、転がりながら、ママがびっくりするぐらいの距離を移動していることがあります。

赤ちゃんは手につかんだものは何でも口に運んでしまうので、ボタンなど小さなものが落ちていると、間違って飲み込んでしまうかもしれません。

誤飲を防ぐためにも、部屋に小さいものが落ちていないか注意が必要です。


ベビーベッドなど高い場所からの転落に注意


赤ちゃんは寝返りができるようになると、ころんと転がって移動するので、ベビーベッドやソファなど高いところに寝かせていた場合、転落する危険があります。

もし、寝かせる場合はベビーベッドの柵をしっかり閉める、そばから離れない、高いところには寝かせないなどの注意が必要です。

完全に寝返りができるようになる前であっても、もうそろそろかなと思ったら、ソファなどに寝かせておくのは避けた方がいいでしょう。


寝返り防止クッションは本当に必要?


赤ちゃんは日々大きくなっていきますので、どんなに注意していても、その行動を完全に把握し、予測することはできません。

かといって、忙しいママは四六時中、赤ちゃんのそばにいて見守ることも不可能です。

そんなとき、役立つのが寝返り防止クッションです。

目の届くところで寝かせることは大切ですが、寝返り防止クッションを利用することでトイレに行く時など、ほんの少しの間その場を離れることができます。

ただし、メリットもあれば、デメリットもありますので、しっかり理解してから購入を考えましょう。


この記事を書いた人
misakiの画像
misaki

小2の娘ともうすぐ一年生の息子のママです。娘と息子といっしょに過ごす毎日は、驚きと笑いと発見の連続! てんやわんやの日々を笑顔で伝えていきたいデス。...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 0歳児
  6. >
  7. 寝返り防止クッションって必要?手作りできる?使い方や効果などをチェック