最初に述べたように、子どもが小さいうちのおねしょは身体の機能上心配ありません。

しばらくの辛抱です。

おねしょシーツやケット、ズボンなどをうまく活用して、この時期を乗り越えましょう!