1. 総合トップ
  2. >
  3. ライフスタイル
  4. >
  5. 抱っこ紐用よだれカバーは必要?おしゃれ・今治などおすすめブランド9選

抱っこ紐用よだれカバーは必要?おしゃれ・今治などおすすめブランド9選

抱っこ紐用よだれカバーは必要?おしゃれ・今治などおすすめブランド9選のタイトル画像

赤ちゃんは常に好奇心いっぱいです。抱っこ紐の中でも景色をキョロキョロ見ながら、抱っこ紐を舐めることがよくあります。今回は、抱っこ紐のよだれカバーの必要性と、おすすめのカバー9選をお伝えします。よだれかけカバーには、手作りのもの、おしゃれなもの、今治タオルを使用したものなどたくさんあります。抱っこ紐の清潔さを保ちつつ、お母さんもコーディネートを楽しみましょう。

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=28144083534

抱っこ紐のよだれカバーは必要?


現在、エルゴやベビービョルン、アップリカやコンビなど、様々な抱っこ紐が販売されていますが、そもそも抱っこ紐に、よだれカバーは必要なのでしょうか。

無くても抱っこ紐を使用するのはもちろん可能ですが、あった方が便利です。

それでは、よだれカバーの3つのメリットをご紹介します。


常に清潔を保てる


抱っこ紐全体を洗濯するとなると、なかなか乾かなかったりして不便ですよね。

でも抱っこ紐は洗濯可能なものが多いので、汚れたら洗うことができます。

抱っこ紐の肩ベルトは、赤ちゃんのよだれで汚れやすい部分。

よだれカバーがあると、それだけを洗濯すれば常に清潔を保つことができるので、忙しいお母さんにとってとても便利なアイテムです。


赤ちゃんにとって、肌のあたりが良い


抱っこ紐は耐久性を十分に保つため、少し硬めの布で頑丈に作られています。

赤ちゃんが抱っこ紐の中ですやすや眠っている時、赤ちゃんの顔に抱っこ紐のあとがくっきりとついてしまった…なんて経験をしたママも多いはず。

そんなときによだれカバーがあると、柔らかい赤ちゃんの口や頬を守ってくれます。


筆者の場合、子どもが好奇心旺盛で、抱っこ紐の中で顔を左右によくキョロキョロさせていましたが、よだれカバーをしていたため、肩ベルトに顔が当たっても、あとがつくことはありませんでした。

また、抱っこ紐のよだれカバーを舐めることも多く、複数枚購入して頻繁に洗濯していました。


気軽にイメージチェンジができる


よだれカバーは比較的安価で多数の種類が販売されています。

人気のエルゴやベビービョルンなどの専用のものもありますが、市販のよだれカバーはほとんどの抱っこ紐で使えるようになっています。

抱っこ紐を色違いで何個も揃えるなんて難しいですが、よだれカバーなら好きな色・柄を揃えやすいですね。

取り替えるだけでイメージチェンジすることができるので、その日の気分やコーディネートに合わせて、楽しむことができます。


おしゃれ!おすすめのよだれカバー


それでは、おしゃれなよだれカバーを5つご紹介します。

この記事を書いた人
ふくふく
  1. 総合トップ
  2. >
  3. ライフスタイル
  4. >
  5. 抱っこ紐用よだれカバーは必要?おしゃれ・今治などおすすめブランド9選