1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 母乳って不思議!二人目はまったく違った私のおっぱい<第二回投稿コンテストNo.18>

母乳って不思議!二人目はまったく違った私のおっぱい<第二回投稿コンテストNo.18>

母乳って不思議!二人目はまったく違った私のおっぱい<第二回投稿コンテストNo.18>のタイトル画像

「一人目は〇〇だったのに!?」きょうだいができて、その違いに驚くことって沢山ありますよね。2歳と4ヶ月、二人の子育てに奮闘中のげそりんさんは、母乳育児に関する大きな違いに驚いたそうです。

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10449000040


現在、我が家には2歳の男の子と、4ヶ月の女の子がいます。

2年前、長男誕生したときのこと。

出産したら当たり前のように出ると思っていた母乳。

赤ちゃんを抱っこして授乳する時はどんなことを話しかけようか…そんなことをワクワクしながら考えていましたが、それは入院中にものの見事に打ち砕かれました。


母乳が、でない。


そのうち出るようになるよ~、と励まされての退院。

家に帰ってからも母乳の量は増えたように感じられず、助産師さんに通ってもらうことに。おっぱいマッサージをしてもらい、いろいろなアドバイスを受けるも効果はなく…。

お、飲んでるかな?と思っても、1度に20㏄程しか出ません。

当初は落ち込んで泣いたりもしましたが、

「そういえば姉は姪っ子ちゃんのときミルクだったなぁ」

「もしかしたらあまり母乳が出ない家系なのかなぁ」

と思い、ほとんどミルクの混合栄養を選択しました。

長男を生んだ産院では混合栄養を推奨していたのも幸いし、決めた後は前向きな気持ちでいられました。



長男はおっぱいにはほとんど関心を寄せず、哺乳瓶が大好きになり、自分で持って飲んだり、持ってきて催促したりと、可愛らしい動画や写真がたくさん撮れました。

パパや祖父、祖母にもミルクをあげてもらうことが出来、素敵な時間を過ごせました。

そして半年後、少なかった母乳はほとんど出なくなり、長男が乳首に吸いつくのをやめ、私の母乳育児は終わりました。



それから2年、今年の夏、長女を出産しました。

長男を出産した産院は分娩をやめてしまったので別の産院での出産。そこは母乳推奨。

しかも厳しいという噂もあり、入院中どうしようか不安で仕方ありませんでした。不安のあまりこっそりミルクを持ち込む計画をしていたほど。

でも噂はウワサ。実際はそんなことはなく、優しく親切に指導していただき、母乳量の様子を見てミルクを足し、退院時も足すミルクの目安を出してもらって、2回目の混合栄養がスタートしました。



1ヶ月検診も問題なく終わり、それからさらに半月ほどたった頃、突然39.8℃の高熱が出ました。

おっぱいはパンパン。授乳しても張りは取れません。

「これが噂の乳腺炎か…!?」

長男の時はほとんど出なかったせいか、トラブルもなかったので、これがはじめての母乳育児の洗礼でした。急いで母乳外来を受診。

「ミルク足してるの?これはおっぱいで足りてるよ。」

助産師さんの言葉に、耳を疑いました。

足りてる?母乳が?

「きっとミルク足してるから授乳間隔が空いちゃって、全部飲みきれないから溜まってるの。溜まるとおっぱいが張って飲みにくくなるからさらに溜まって…の悪循環だったんだね。ひとまずミルク足さないでみてごらん。」

母乳がうっ滞していて炎症を起こし発熱したようでした。またしこりがいくつもできてしまっていました。

熱は次の日にはさがりましたが、しこりを取るためにしばらく母乳外来に通い、飲ませ方や抱き方等たくさんのアドバイスをいただきました。



自分は母乳が出ない体質、母乳は出ないもの、と思い込んでいた私。

4ヶ月たった今、母乳だけになりました。

母乳育児ができるようになり、非常に驚いています。

「そのうち」に2年かかったのか…それとも別に理由があるのか…なんにせよ、思い込みってよくないなぁと思いました。

毎日長男の相手をしながらのドタバタの授乳で、長男妊娠中に思い描いていたような授乳はできてはいないのですが、彼の時とはまた違った素敵な時間を過ごしています。

元々乳腺が細いところがあるようで、その後何度もトラブルになり、授乳間隔や食事等、一層気をつけることが増えました。

でも大好きなコーヒーも甘いものも我慢できる。痩せよう!って思っても全然出来なかったのに(これが1番の驚きかも(笑))。

二人目の育児は、一人目がこうだったから…と基準にすることが多かったのですが、それで決めつけたり、思い込んだりしないようにしていこう、と思った出来事でした。


ライター:げそりん




コンテスト応募は12/26まで受付中!

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
コノビー記事投稿コンテストの画像
コノビー記事投稿コンテスト

コノビー初の記事投稿コンテスト開催中!
※2018年10月1日(月)0時〜10月26日(金)23時59分まで

テーマは「出産」。
様々な出産に関する体...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 母乳って不思議!二人目はまったく違った私のおっぱい<第二回投稿コンテストNo.18>