子どもが叩くことについて、先生に相談したり、相手のママに話すのは言いづらいですし、躊躇してしまいますよね。

しかし「人を叩いてはいけない」と学ぶことは、叩かれる子はもちろん、叩いてしまう子のためにもなると思います。

叩く癖が抜けないと、友達も減ってしまうかもしれません。

「叩かれる相手の気持ちを考える」ことは、人間関係を学ぶ上でも大切なことと言えます。


特に今回学んだのは、「加害者側と被害者側の意識の違い」です。

叩いた方は「ちょっと叩いた」くらいですぐに忘れたとしても、叩かれた方は「ショックで声が出ない」状態になったりと、いつまで経っても忘れらないということもあります。

「叩かれたことがどれくらいショックで、親も傷付き、心配したか」ということは、きちんと形にして相手に伝えなければ、伝わらないのです。

「子どもを守れるのは親しかいないから、しっかり相談した」とそのママが言うのを聞きながら、友達付き合いについて、親の立場からの関わり方を学べた気がします。

小学生低学年の間は、子どもだけでは解決が難しいことも多いものです。

勇気を持ち、しっかりと先生や周囲と向き合っていこうと心しました。