1. >
  2. >
  3. >
  4. 子どもの思わぬ事故防止のために〜私のヒヤッと体験〜

子どもの思わぬ事故防止のために〜私のヒヤッと体験〜

子どもの思わぬ事故防止のために〜私のヒヤッと体験〜のタイトル画像

乳幼児の死亡原因で1番多いのが不慮の事故。



愛知県での不慮の事故での死亡原因を表すグラフを見てみると、転倒、溺死、窒息が0歳児では8割、1〜4歳では6割ほどを占めていることが分かります。

実際子育てしているとヒヤッとする瞬間って多々ありますよね。今回は私のヒヤッと体験をお話しします。これを読んで、安全性へのママの意識が少しでも高まれば嬉しいです。不慮の事故は、ママの意識次第で防ぐことが出来ます!

まだ出来ないから大丈夫!は危険

つい先日私はとてもヒヤッとする体験をしました。だからこそ自分でも気をつけなくてはならないとこの記事を書いているのですが。



1歳5ヶ月になる息子を洗面所に置いてシャワーを浴びていた時のこと。シャンプーをしながら透明なガラス扉の向こうの息子の様子を伺うと、なんと洗面台の下の扉を開けて中の物を漁っていました。慌てて見にいくと、なんと手に持っているのはパイプユニッシュ!!幸いにも気づくのが早かったので蓋は閉まったままでしたが、もう少し気づくのが遅かったら、息子はパイプユニッシュの蓋を開け、舐めていたかもしれません。ゾーッとしました。



昨日まではその扉を開けたことはなかったので、いつかはドアガード付けなきゃいけないなとは思っていましたが、その日がこんなに早く来るとは思っていませんでした。まだ出来ないから大丈夫!と思っていると取り返しのつかないことになるかもしれないと実感しました。

子どもは昨日出来なかったことがある日突然出来るようになります。



ある日突然、寝返りをし、ズリバイで動けるようになり、机に手が届くようになり、ソファによじ登るようになり、扉を開けるようになります。それは嬉しいことでもあり、また一つ新しいことに気をつけなくてはいけないことでもあるんです。



そろそろ対策した方がいいかな?

そう思ったら先延ばしにせず今すぐ対策しましょう!いつかはやらなくてはならないことなので、早めの対策が無駄になることはありませんよ。

いつも平気だから大丈夫!は危険

子育てをしていると、忙しさに追われて楽だからと安全を後回しにしてしまうことありませんか?



私は、まだ子どもが半年くらいの頃、装着が面倒だからとベビーカーのベルトを締めていない時がたまにありました。結果ベビーカーからずり落ちてしまい、慌てて病院へ連れて行く事態に。



また、1歳くらいの頃ダイニングテーブルに装着するタイプのベビーチェアから落下したこともありました。いつもご飯の途中で椅子の上に立ち上がってしまっていましたが、危ないと思いつつも早くご飯を終わらせたいと、そのままの状態でご飯の続きを食べさせるのが日常化していました。

いつも平気だから大丈夫でしょ。どちらの事故もそう思っていた時に起きてしまいました。



私がちゃんと気をつけていれば防げた事故。毎日過ごしているとついつい安全性よりも利便性を優先してしまいがちですが、いつも平気だからと言って今日も平気だとは限りません。



きちんとベルトは締めていますか?ベビーガードの扉は毎回きっちり締めていますか?窓の鍵はきちんとかけていますか?赤ちゃんの手の届くところに危険な物は置いていませんか?もう一度毎日の生活を振り返ってみてください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

ミニポン

はじめまして!
2歳の男の子の育児に奮闘中の毎日です*\(^o^)/*
自分の子育てで役立ったグッズやお出かけ情報、体験談などご紹介していけたらなと思います...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 子どもの思わぬ事故防止のために〜私のヒヤッと体験〜