1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 防寒対策におすすめ!人気の抱っこ紐カバー&ケープまとめ

防寒対策におすすめ!人気の抱っこ紐カバー&ケープまとめ

防寒対策におすすめ!人気の抱っこ紐カバー&ケープまとめのタイトル画像

抱っこ紐は赤ちゃんと出かける時に両手が使えて便利なアイテムです。ただ、寒い季節のお出かけには赤ちゃんを風雨から守る防寒対策が必要になります。そこで、抱っこ紐と一緒に使える防寒対策のカバーやケープをご紹介します!

目次 人気ブランドの抱っこ紐防寒ケープ
人気の抱っこ紐「エルゴ」や「ベビービョルン」に装着できる防寒アイテム
リーズナブルに防寒対策!

人気ブランドの抱っこ紐防寒ケープ


赤ちゃんの防寒対策は、なるべく赤ちゃんが体温調節できそうなアイテムを選びましょう。

大人よりも体温が高い赤ちゃんは、当然ながら汗の量が多く、大人が寒いと感じて厚着をさせると防寒対策が過剰になるケースもあります。

冬など外気温が低い季節に汗をかいたまま赤ちゃんを外へ連れ出すのは避けたいですから、簡単に脱いだり着たりできるグッズを選択して、屋内や外の気温に対応できるようにするのが理想です。


①静岡県にある育児用品ブランド「ファムベリー」

オシャレなスリングで有名なファムベリーですが、とにかく軽量で赤ちゃんにもママにも負担が少ない抱っこ紐の防寒アイテムは人気です。
ケープ型ですぐに取り付けできるので、寒さを感じた時にさっと使える利便性の高さがあります。

取り付け紐は2種類あり、クリップとホックの使いやすい方を選べ、セットで使えるレインカバーもリリースされているのが特徴です。

ケープの周囲はゴム入りで風が吹いてもめくれず、赤ちゃんの足までくるめ、かぶせるだけで風よけになるフードカバー付きですので薄い生地ながら寒さ対策が十分にできます。


②クマ耳で有名な「KIDSMIO」の防寒対策ケープ

フードに付いているクマの耳が目印の可愛らしいベビーケープです。

ダウンケープなので本格的な防寒対策ができ、優れた保温性と保湿性で赤ちゃんと寒い日にお出かけするのに向いています。

雪や雨をよせつけない撥水加工がされた表地と毛足が長くふわふわのボアフリースが裏地に使われていますが、どちらもリバーシブルで使用できるのが特徴です。

抱っこ紐のケープとしても、ベビーカーのカバーとしても使用できます。

ダウンケープながら、使わない時はコンパクトに折りたたみができ、付属しているエコバッグへ収納できるためかさばりません。


③ラッキー工業の「バディバディ」

抱っこ紐メーカとしては日本で一番長い歴史を持っている企業ですが、時流に合わせた商品を取り扱うためニーズが高く、ママから人気があるブランドです。

抱っこ紐に強いブランドのため、防寒用のケープもそのひとつで、まだ対面抱っこができない赤ちゃんにも安心な横抱っこから対面抱っこ、おんぶにまで対応します。

ベビーカー用のケープにもなるので全部で4wayになる優れものです。

ケープは広げるとフードの他はただの四角い布ですが、ベルトやホックの組み合わせで様々な使い方ができ、中綿はダウン80%なので心配なく防寒対策できます。


④アンチアレルギー素材が安心な「todbi」

ベビーケープには珍しいハウスダストに対応したマテリアルを採用しています。
生地の織り方を工夫し、アレルゲンを遮断しやすくしたほか、通気性に優れるので赤ちゃんが快適に過ごせると人気です。

表地は高級感のあるキルティング加工で、裏地はボアが使用されているためとても暖かく、表地にカンガルーポケットが付属しているのでママの手を寒さから守ります。

様々なメーカーの抱っこ紐に対応するため、細かなチェックをしなくても購入しやすいアイテムです。


人気の抱っこ紐「エルゴ」や「ベビービョルン」に装着できる防寒アイテム


抱っこ紐でトップクラスの人気を誇るハワイ発のエルゴベビーや専門医師との商品開発を続けるスウェーデンのベビービョルンは、クオリティの高いアイテムを提案するベビーブランドとして有名です。

両ブランドには抱っこ紐と一緒に使える防寒アイテムがリリースされていますが、あまりラインナップが多くありません。

各ブランドからリリースされている正規品のほか、抱っこ紐はエルゴかベビービョルンと決めている人へ、両ブランドに対応したグッズをご紹介します!

①ベビービョルンのベビーキャリアカバー

アレルゲンや有害物質を一切含まないマテリアルを使用しています。
撥水加工がされた特殊な素材でマイクロフリースをサンドしているのが特徴で、寒さが厳しい日や風雨にも耐えられる設計です。

対面・前向き抱っこに対応しているほか、ネットを使用すれば洗濯機で洗えます。


②Babyhopperのウインター・マルチプルダウンカバー


パパの子育てを応援するをコンセプトにしたダッドウェイが展開するブランドです。

エルゴの正規代理店としても有名なダッドウェイがエルゴの抱っこ紐に装着するためにデザインした専用アイテムなので安心して使えます。

中綿がダウン90%とボリュームがあり、中空糸ボアを使用した裏地によって軽量で保温性に優れた機能を持つのが特徴です。

③セブンエイエム アンファンのベビーキャリーカバー

エルゴ、ベビービョルンの両方で使える防寒アイテムです。
2パターンのフードで抱っこ紐とベビーカーで使い分けます。

軽量なのにボリュームがあるほか、着たままおむつチェックができるポケットがあるなど、機能面がとても充実しているのが特徴です。


リーズナブルに防寒対策!


抱っこ紐の防寒アイテムは安く済ませたい人も多いでしょう。

格安でも優れたアイテムがあるほか、ブランケットなどで代用することもできます。

例えばベビーやキッズアイテムで有名な西松屋では、撥水加工されていて中綿がダウン90%のダウンケープが2000円台で購入できるなど、低価格で様々な商品を比較できるはずです。

また、ブランケットが一枚あれば十分防寒になります。抱っこ紐にクリップなどを使用して留めておくこともできますし、フリース素材であれば軽くてかさばる心配もありません。

赤ちゃんと寒い日でも楽しく散歩できそうな防寒アイテムを選べるといいですね!


いかがでしたか?
これからの寒くなる季節、赤ちゃんが風邪を引かないよう気をつけてあげたいところです。

使用している抱っこ紐にぴったりの防寒対策ケープをぜひ見つけてくださいね!


当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
上林 / コノビー編集部の画像
上林 / コノビー編集部
  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 防寒対策におすすめ!人気の抱っこ紐カバー&ケープまとめ