1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 7-12歳児
  6. >
  7. 「寝起きの悪さ」と格闘して3年…。私が気づいた、ムスメが“起きられない”理由

「寝起きの悪さ」と格闘して3年…。私が気づいた、ムスメが“起きられない”理由

「寝起きの悪さ」と格闘して3年…。私が気づいた、ムスメが“起きられない”理由のタイトル画像

小学生になったからには、自分で起きて、ちゃっちゃと学校に行ってほしい。しかし俗にいう「低血圧」な娘は大音量の目覚まし時計も、私の怒声もどこ吹く風。今日もマイペースに惰眠をむさぼるのです…。

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10179005321

小学校入学前からの課題だった「寝起きの悪さ」


娘が小学生になる前から心配していたのは、「学校に遅刻しないで行けるのか?」ということ。

とにかく娘は朝が苦手で、どんなに前夜に早く寝ようが、遠足など楽しみにしている行事があろうが起きられません。


保育園生だった当時は、夜の8時~9時の間には布団に入れるようにしていましたし、娘の場合、布団に入って3分も経たずに寝られる“のび太”ばりの寝つきの良さだったので、睡眠時間は十分に確保できていたと思います。


それなのに…朝起きない!

10回ぐらい声をかけても、全く起きない!!


休みの日は、起こさなければ12時間くらいは寝っぱなし…。

たとえ起きても30分くらいはボーッと座って動かず。

とにかく驚異的な寝起きの悪さなのです。

どうやったら娘が起きるのか、試行錯誤の日々


そんな娘ですが、こんなに寝起きが悪くても学校は大好きなので、シャキッと目が覚めてしまえば、嬉々として学校へ出かけます。

つまり学校へ行ける状態になるまで、親が起こすことができればOKなのです。


そこで私が娘を起こすためにしたことは…

・うるさい目覚まし時計を購入

・部屋を明るくする

・ひたすら大きな声をかける

・掛け布団をはぎ取る(冬のみ)

・大好物のチーズやハムを用意し、「〇〇分までに起きれたら、チーズ食べられるよ!」とご褒美を。それでも起きられなければ、苦手な野菜多めの朝食になるという、飴とムチ作戦!

などなど。

いろいろ試してみましたが、どれもあまり効果がありませんでした。

ようやく見つけた、「起きられる」条件


3年間ほど、あらゆる手で娘が起きられるように応援し、様子を見続けた結果、私はあることに気づきました。

娘が起きられるのは、「宿題が終わっていなくて本人に危機感があるとき」と、「朝ご飯に“たらこ”があるとき」だけだったのです。


宿題があまりに終わっていなければ、何度か声をかければ起きてきて、朝ご飯の前に宿題をする。

また「たらこがあるよ~!」と言えば、驚くほどさっさと起きて、食卓に座っている。

(宿題は前日までにやってほしいし、毎朝「たらこご飯」というのも考えもの…)

しかも最近、また一つ起きられる理由が増えて、いつも弟と取り合いをしている「パソコン学習をしたいとき」も起きられることが判明しました。


娘の場合、早起きができないのはもともと彼女の持っている体質や、睡眠に対する欲求が強いということにあると思います。

そして、まだその欲求を乗り越えてまで起きたくなるような「原動力」となるものが、少ないのかもしれません。


正直、毎朝起こすのは本当に大変ですし、自主的に起きたくなるような“何か”を探し続けるのは厳しい。

でも実は私自身、子どものころ寝起きが良い方ではなかったので、娘の気持ちも分かるなあという思いもあります…(笑)。


これも母の修行!と思って、娘が自分で起きてくれる日を気長に待ちたいと思っています。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
まちこの画像
まちこ

小学校4年生と1年生の母。
夫は単身赴任でフルタイム労働と、仕事に家事に育児にまさにワンオペライフを実行中!
体力に限界を感じる今日この頃です…...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 7-12歳児
  6. >
  7. 「寝起きの悪さ」と格闘して3年…。私が気づいた、ムスメが“起きられない”理由