結局、眠気と痛みに耐えに耐え、2日目の19時ごろに出産しました。帝王切開なら、もしかしたらもう少し早くうまれてきたかもしれませんが、ベテラン先生の判断を信じて、経膣分娩のまま産むことに。

あまりの痛みで2日目お昼からはずっと泣き叫んでしまい、付き添いの旦那や母親は本当に疲れたと思います。

なだめてくれた助産師さん、母親になるのだからしっかり産むように!と叱咤激励してくれた先生、本当に本当にありがとうございました。

そして長時間の分娩にも心拍下がらず元気に生まれてきてくれた、娘にも心からありがとう!


ライター:あろはまん