1. 総合トップ
  2. >
  3. 妊娠・出産
  4. >
  5. 余裕な夫が恨めしい!出産の理想と現実レポート<投稿コンテストNo.66>

余裕な夫が恨めしい!出産の理想と現実レポート<投稿コンテストNo.66>

余裕な夫が恨めしい!出産の理想と現実レポート<投稿コンテストNo.66>のタイトル画像

出産前日まで仕事をする、元気な妊婦だったサトモトさん。
いざ陣痛がはじまると、想定外の事態がおきて…?


2018年7月、大学病院にて初めての出産を経験しました。

妊娠中つわりが全くなく、お腹も最後2ヶ月くらいでやっと目立ち始めた位だった私はギリギリまで仕事をしていました。

予定日2週間前からさすがに自宅作業にしてもらっていたのですが、結局40週過ぎてもなんの兆候もなく。

余裕な夫が恨めしい!出産の理想と現実レポート<投稿コンテストNo.66>の画像1


とはいえエコーでは3000gを越えた元気な赤ちゃんの様子がバッチリ写っているので、7月3日から入院して陣痛誘発剤をいれることになりました。

まさかその前日に産気づくことはないだろうと、自宅から徒歩で行ける会社に出社。

余裕な夫が恨めしい!出産の理想と現実レポート<投稿コンテストNo.66>の画像2


入院当日、子供が今日明日中には生まれるという実感が全くわかないまま夫婦で病院へ。

1週間前に風邪をひいて鼻がまだ片っぽつまっている状態だったので、なんなら内科へ行くべきなんじゃないかと思う位でした。

先生とお会いし、もしもの場合はお腹切りますという帝王切開の説明を受け同意書を書き、夕方からバルーンを入れることになりました。

余裕な夫が恨めしい!出産の理想と現実レポート<投稿コンテストNo.66>の画像3


ガジェット好きで超潔癖症で永遠の小5の心を持った夫は、先生とアップルウォッチのことを話しただけで「じゃまた明日。」と帰ってゆきました。

私はバルーンをいれるとすぐに気分が悪くなり、夕方からずっとダルーンとベッドに横になっていました。

23時から0時くらいにかけてようやく少し眠れたのですが、それからもなんとなく気持ち悪いまま病室でぼーっとしていると、4時半くらいから『気持ち悪い』が『痛い』に変わってきました。

余裕な夫が恨めしい!出産の理想と現実レポート<投稿コンテストNo.66>の画像4


うつった先は陣痛室・分娩室・回復室が一緒になってるLDRだったのですが、1年前に流産して処置手術をした部屋でもありました。

赤ちゃんとさよならするために入ったその部屋はどれだけ時間が経ってもハッキリ思い出せてしまう光景だったのですが、まさか今度は出会うために入ることになるとは…。

不思議な因果を感じながら横になり、まずバルーンをもうひとつ大きなものに変え、9時過ぎには陣痛促進剤もいれました。

どんどん痛くなる痛み。

よく何かに例えられますが、私は何も思いつきません。

ただ「痛い」としか言いようがない。

普通痛みって最初が一番痛くてどんどんひいていくものですが、陣痛は逆。

これが本当に辛かったです。

終わりが見えないんですよね。

子宮口はまだ6、7cmですとか言うし。

そして…

余裕な夫が恨めしい!出産の理想と現実レポート<投稿コンテストNo.66>の画像5


赤ちゃんの心拍数が落ち、どうしたの!?とどんどん先生・助産師さんたちがやってきました。

すぐ元に戻ったのですが「お母さん心配いりません。赤ちゃん元気にしてます。ただもしかしたら帝王切開になるかもしれないので準備だけ一応させて下さい。」と足にニーハイソックスのキツイやつみたいなものをはかされ、お昼ごはんも抜きになりました。

余裕な夫が恨めしい!出産の理想と現実レポート<投稿コンテストNo.66>の画像6


産まれてくる時、赤ちゃんは顔がお母さんの背中側を向いている状態になるので、そうなるようにまわりながら出てくるはずなのですが、どうやらお産が進んでもかわっていないみたいでした。

帝王切開もあるかもしれないし、ご家族の方がいた方がいいと言われ、その場で寝ながら夫に電話。


出ない。

まだ寝てる。

フリーランスで家で仕事をしている夫は超夜型で、朝が大の苦手。

とはいえ今日は何があるかわからないから電話を気にしておいてと言ってあったのに…。

余裕な夫が恨めしい!出産の理想と現実レポート<投稿コンテストNo.66>の画像7


そうしてドンドン強くなる痛みに耐えていると息が苦しくなってきました。

そう、風邪で鼻づまりだったせいで、呼吸がしにくくなってしまったのです。

これには本当に後悔しました。

体調管理はしっかりして分娩時に風邪はひいてない状態にした方がいいですよ絶対に。(普通みんなできてると思いますが)


酸素吸入のマスク?をつけてもらいハァハァ言ってると2回目のピーが。

赤ちゃんの心音がまた下がってしまったのです。

またたくさんの人たちがやってきて、囲まれているところにやっと夫がやってきました。

余裕な夫が恨めしい!出産の理想と現実レポート<投稿コンテストNo.66>の画像8


心音はまたすぐに元に戻ったので皆いなくなり、何をしていいかわからない夫を私に快適なそよ風を送るウチワ係に任命しました。

その後更に陣痛は増し、もう喋るのも億劫な私。

相変わらず回らない赤ちゃん。

子宮口は9cm。

も、もう無理、辛すぎる…!その時またピーが起き、皆がバタバタと入ってきました。

余裕な夫が恨めしい!出産の理想と現実レポート<投稿コンテストNo.66>の画像9


後で考えれば多分私がイキむことによって赤ちゃんを下におろし、先生が下から手をいれて回そうとしてたんだと思います。

余裕な夫が恨めしい!出産の理想と現実レポート<投稿コンテストNo.66>の画像10


そして先生が合図してから、一気に帝王切開に向けての準備が始まりました。

あっという間にベッドを移され、部屋を出てエレベーターへ。

余裕な夫が恨めしい!出産の理想と現実レポート<投稿コンテストNo.66>の画像11


夫、結局ただウチワ仰いでただけやったなと思っていると既に手術室。

目まぐるしく視点がかわり、皆さんの動きの速さに「大学病院の本気をみたぜ…!」と思いました。

余裕な夫が恨めしい!出産の理想と現実レポート<投稿コンテストNo.66>の画像12


2週間前の最後の健診で3000g越えてると言われていたので、絶対間違いだと思ったのですがあっていました。

エコーは実際測っているわけではなくあくまで計算式なので2、300gの誤差はあるそうですがこれだけ違うのは珍しいそうです。

あとで聞いたところ回旋異常のグレードAだったそうで、「超緊急帝王切開」という15分以内に胎児を取り出さなければ母子ともに危ないというものでした。

出産後、普通赤ちゃんはNICUにいくことが多いらしいのですが、1日したら母子同室となったので感謝感謝です。


ちなみに産まれた時、主人はトイレに行っていて(ジッとしていられない)「デイルームにいるはずのご主人がいない!?」と皆を慌てさせたそうです。

ライター:サトモト



当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
コノビー記事投稿コンテストの画像
コノビー記事投稿コンテスト

コノビー初の記事投稿コンテスト開催中!
※2018年10月1日(月)0時〜10月26日(金)23時59分まで

テーマは「出産」。
様々な出産に関する体...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 妊娠・出産
  4. >
  5. 余裕な夫が恨めしい!出産の理想と現実レポート<投稿コンテストNo.66>