「トウモロコシ→トウモ殺し」この現象には名前があった!のタイトル画像
公開 2018年11月01日  

「トウモロコシ→トウモ殺し」この現象には名前があった!

26,195 View

幼児特有の単語の言い間違いが始まりました。


息子が2歳半頃。ハッキリ言える単語が増えだし、幼児特有の言い間違いが楽しい時期になってきました。

「トウモロコシ→トウモ殺し」この現象には名前があった!の画像1


「となりのトトロ」のメイちゃんも「いないいないばあっ!」のうーたんも言っていたので、本当に言うんだ…と感嘆しました。

他にも、色々な単語で言葉の一部が入れ替わります。

「トウモロコシ→トウモ殺し」この現象には名前があった!の画像2


息子の場合、特に「つ」と「く」が並ぶ単語はほぼ100%逆転しました。

「トウモロコシ→トウモ殺し」この現象には名前があった!の画像3


このように言葉の一部が入れ替わるのは「音位転換」というそうです。
特に母音が同じだと入れ替わり易いとのこと。

「トウモロコシ→トウモ殺し」この現象には名前があった!の画像4


確かに!

”エカスレーター”以外は当てはまってる気がします。


その後、3歳過ぎて大分ペラペラおしゃべりするようになり、だんだん音が入れ替わることは少なくなりました。

が、苦手な言葉は未だに言えません。

「トウモロコシ→トウモ殺し」この現象には名前があった!の画像5
「トウモロコシ→トウモ殺し」この現象には名前があった!の画像6


腹巻き…たった4文字なのに言えないの可愛すぎる…

「トウモロコシ→トウモ殺し」この現象には名前があった!の画像7


ちゃんと指摘するべきなのかもしれませんが、なんとも可愛いから当分言えなくてもいいかな…と甘く考えてしまうのでした。

※ この記事は2024年04月08日に再公開された記事です。

Share!