1. 総合トップ
  2. >
  3. 妊娠・出産
  4. >
  5. 想像と全く違うお産を経験した私が、振り返って思うこと<投稿コンテストNo.34>

想像と全く違うお産を経験した私が、振り返って思うこと<投稿コンテストNo.34>

想像と全く違うお産を経験した私が、振り返って思うこと<投稿コンテストNo.34>のタイトル画像

どんなにバースプランを練っていたとしても、思い通りに行かないことが多いのが出産。ねこさんも、そんな経験をしたひとりでした。

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10112000374

長男を出産した時の話です。

39週の妊婦健診の時、ネットなどで見た内診グリグリなるものをされ、主治医に
「来週までに産まれてなければ、次はもう少し強く内診しますね」

「痛いですか?」

「んー…いてててててて。って感じかな。」

なんて会話をしました。

正直、「内診グリグリされてすぐ陣痛がきた!なんて人もいるんだよねー楽しみ︎」なんて思ってました。

次の日も出血があり、

「これっておしるし?これがおしるしだったらもしかしたらすぐ陣痛くるかな?」

なんて思いながら、陣痛は来ず…

真夜中の破水


日付が変わって夜中0:45頃、そろそろ寝ようと思いベッドへ寝転んだら、ナニかが出る感覚が…。

うわ、尿漏れ?なんて思いつつトイレへ向かって、用を足しました。

が、その後も流れ出るナニかの感覚に、「破水!?」と驚き、旦那さんにも着替えてもらい病院に電話してから、病院に向かいました。

診察の結果、前期破水でそのまま着替えて陣痛室へ。

旦那さんと「もうすぐだねー︎」「ドキドキするねー︎」と会話していましたが、これといって強い陣痛は来ないまま朝に。

主治医の先生に、「陣痛促進剤を使います」と言われました。

少し早いけれどLDRに移っておきましょう。との事で、部屋を移動し、陣痛促進剤を投与開始しました。


自分の中には、これからくる陣痛に耐え、頑張って出産し、旦那さんと一緒に赤ちゃんを見て感動して…

なんてバースプランを思い描いていましたが、これがまるっところっとひっくり返るなんて、この時は思ってもいませんでした。

陣痛促進剤投与から4時間程で、かなり痛みを感じるようになり、気分不良も起こしていたのですが、お昼ご飯が届けられ、看護師さんに

「お米を食べてね。お米…ブドウ糖が子宮収縮を助けてくれるから。」

と言われ、お米を半分程食べたのですが、その後の内診で気持ち悪くなってしまい、全部戻してしまいました。

だんだん強くなる陣痛、だけど出てきそうな感覚がない。

ただただ痛いだけ。

絶対二人目なんて産まない!とその時は思いました。

気がつけば、緊急帝王切開


内診で主治医に「赤ちゃんの向きが悪いから、四つん這いになってください」と言われましたが、その頃には痛みもMAXで四つん這いどころか動ける状態ではありませんでした。

無理矢理に身体を動かし、四つん這いの様なポーズになったものの、四つん這いを維持出来ず。

いつのまにか私の呼吸も浅くなっていたのか、赤ちゃんの心拍が0になったり180になったりと安定しなくなってきて、私自身も全身痙攣を起こし、意識を飛ばしては先生に起こされてを繰り返すようになってました。

先生が二人がかりで、お腹の上から赤ちゃんの向きが戻るように押していたり、下から頭をグリグリ回そうとしていたりしましたが、赤ちゃんの向きは変わらず…。

気がつけば、主治医以外にたくさんの産科医の先生がいて、助産師さん、看護師さんもたくさんいました。

酸素マスクもつけられていたり、なんだこれ?状態。

その後も意識を飛ばしたりを繰り返し、緊急帝王切開が決まりました。

いろんな感情が押し寄せてきた


サインなんて出来る状態ではない為、旦那さんが主治医から説明を受け同意書にサインしてくれました。

その間私は、素っ裸にされ、下の毛を剃られ、着替えさせられ、分娩台からベッドに移され、手術室へ運ばれました。

背中を丸めての麻酔。

チクッとする感覚よりも陣痛の方が痛く、看護師さん3人がかりで押さえ付けられました。

麻酔ってすごいですよね。

「右足からポカポカしてきますよー」

なんて言われてすぐ、ポカポカと温かい感覚になり、左足も同じような感覚になった途端、陣痛の痛みも無くなったんです。

そしてその後、襲ってきた恐怖。

初めての手術、お腹を切開する事実、経膣分娩出来なかった事実、色んな感情で大号泣。

オペ室の看護師さんにずっと涙を拭いてもらいながら手術開始。

時間がどのくらいかかったのかわかりませんが、気が付いたら赤ちゃんがお腹から取り出されていました。

綺麗にされ看護師さんが赤ちゃんを私の近くに持ってこられ、私のほっぺに赤ちゃんのほっぺをペタリと付けてくれました。

長男生後2ヶ月の今、思うこと

この記事を書いた人
コノビー記事投稿コンテストの画像
コノビー記事投稿コンテスト

コノビー初の記事投稿コンテスト開催中!
※2018年10月1日(月)0時〜10月26日(金)23時59分まで

テーマは「出産」。
様々な出産に関する体...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 妊娠・出産
  4. >
  5. 想像と全く違うお産を経験した私が、振り返って思うこと<投稿コンテストNo.34>