この時、娘は3歳の未就園児。

1日中一緒にいる娘と「今日は何をしようか…」と考えたり、

1日中催促されながら、“娘ルール”に沿ったエンドレスな人形遊びをしたり…。

可愛い可愛い娘だけれど、実は少し大変でした。


そんな時に、夫に「いいなぁ、ひなと家にいられて」と言われ、つい嫌みで返してしまった私。

でも、残業続きで夫も疲れているのに、「ごめん、今のは失言だった」とすぐに撤回してくれたのです。

こういう言葉、なかなか言えないと思います。

おかげで私もすぐに「嫌みな言い方してごめんね」と返すことができ、喧嘩にならずに済みました。


結局その日曜日は、家族みんなでお出かけしました。

その後も、土曜日は夫が午前中2時間ほど娘を連れ出してくれたりと、うまく協力してくれます。

そんな有言実行も嬉しいけど、

やはり育児の大変さを認めてくれた言葉は、何より嬉しいと思いました。