1. 総合トップ
  2. >
  3. 妊娠・出産
  4. >
  5. たくさんの人に支えられた出産。では、産後は……?<投稿コンテストNo.29>

#29

たくさんの人に支えられた出産。では、産後は……?<投稿コンテストNo.29>

たくさんの人に支えられた出産。では、産後は……?<投稿コンテストNo.29>のタイトル画像

お医者さん、助産師さん、看護師さん、家族。出産する時は本当にたくさんの人の手を借りています。しかし、退院後の産後生活はどうでしょう?ユーモアを交えながら、大切な視点を思い出させてくれるユキミさんの体験談です。


ユキミです。

いつもはインスタグラムにて、2歳になる息子ユキタに日々振り回されている、新米母さんの日常をお送りしています。

突然ですが……

たくさんの人に支えられた出産。では、産後は……?<投稿コンテストNo.29>の画像1


産科の先生、助産師さんを始め

出産の際立ち合いをしてくれる家族

たくさんの人に支えられた出産。では、産後は……?<投稿コンテストNo.29>の画像2
たくさんの人に支えられた出産。では、産後は……?<投稿コンテストNo.29>の画像3


どうして……

たくさんの人に支えられた出産。では、産後は……?<投稿コンテストNo.29>の画像4


どうして……!!

たくさんの人に支えられた出産。では、産後は……?<投稿コンテストNo.29>の画像5


子どもが全然泣き止まない!

どうしよう!ナースコールナースコール!

助けて助産師さぁぁん!

って…、ここ我が家やないか!!

洗濯物が散らばり、その上を息子が叩き落したミルクがこぼれている地獄絵図だけど、我が家やないか!!(泣)

泣き止まぬ我が子に加え家事までも迫ってくる。

手が足りない!分身の術使いたい!

誰か沐浴くらいしてくれぇぇぇぇ!!

母親レベル0の自分の中には、常に号泣しているボス(息子)がいる。

病院では出産後のお世話の基礎は教えてくれても、それを超えた応用は教えてくれないのだ。

出産が終わったら、レベル0のまま即ボス退治…

いや、ボスの世話である。

母1人で子どもと一緒にお風呂に入る方法

1日泣き止まない子どもを横に、母が食事を取る方法

夜泣きがひどくて一睡もできない時の乗り切り方

全部自分で調べ、自分で考え、1つ1つ母親経験値を上げていくしかないのだ。

ちなみに唯一頼れる家族であり、戦力であった夫は、産後直ぐは張り切ってイクメンぶりを見せていたものの、3か月もすれば……

たくさんの人に支えられた出産。では、産後は……?<投稿コンテストNo.29>の画像6


イクメンはどこにいったぁぁーーー!?

産後直ぐは夫にとって「子どもがいる光景は特別☆」だったみたいですこぶる張り切っていたようですが、3か月も経つと特別が日常に変わり、夫もそれに併せて産前の通常運転にお戻りに。

夫のイクメンの魔法が解けた瞬間に待っていたもの、それは……

母1人で孤軍奮闘である。

ちなみに夫はすぐに私を頼って戦線離脱するが、そんな常々頼られる私にだって武器などない。

そんな時に頼りたい召喚獣(実家のばば)だって、遠方に住んでいるため呼べない。

「努力」「根性」「気合い」

と、時折見せる「我が子の可愛さ」のみで母は戦うのである。

ちなみにHP(体力)は満タンどころか常に0スレスレの状態。

会陰切開の傷が痛い、授乳のし過ぎで取れそうな乳首、一生のうちで味わったことのない激しい寝不足。

産後の母はまさに、傷だらけの戦士。

出産後のこんなこと…

どこの母親学級でだって教えてくれなかった…!!(泣)

たくさんの頼れるサポートと仲間がついていた出産とは違い、孤独になりがちな育児。

でも……

たくさんの人に支えられた出産。では、産後は……?<投稿コンテストNo.29>の画像7


本当に世の中に1人ぼっちになってしまったかのような孤独が押し寄せてくる、夜間授乳や夜泣きの際。

インスタや、コノビーなどの育児漫画に本当に救われました。

世の孤軍奮闘するお母さん!

本当は育児って、1人でするようになんかできてないですよ!

1人で育児している状態って、実はとってもとっても無理しているんですよーー!!

と言ったって、どうしても今の世の中核家族が多くなってしまう中、そんなことなかなか改善しようがないですよね…。

なので!

育児中母が元気で戦える、エネルギーの補給は必須です!!

私は育児中のエネルギー源は「共感」と「笑い」だと思っています。(あと甘いもの即ちおやつ)

コノビーや、インスタグラムでのたくさんの方の育児漫画を見て、たくさん「あるあるー!うちだけじゃないんだ!」と頷いてたくさん笑ってください。

きっと「1人だけじゃないんだ」と思えると思います。

孤軍奮闘中のお母さん、見えないだけで戦友はいっぱいいます!

なんなら、育児は出産の時よりたくさん仲間がいます!

これから出産の方、スタート直後いきなり予想外のことだらけで、派手に転倒してしまうこともあるかと思います。

そんな時に起き上がれるよう「共感」と「笑い」になるエネルギー源だけは事前に要準備!

(私が助産師さんなら入院用準備リストに入れたいっすわ。)

と、ついつい力が入ってしまいましたが…

出産はゴールではなくスタートだということを産んでから痛感した私から、せめてものアドバイスです。

コノビーのテーマ

子育てに、笑いと発見を

その「あるある!」の笑いと、「え…次はこんな成長になるの!?」の発見を少しでも皆さんに、私の漫画でお届けできたら幸いです♡


ライター: ユキミ

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
コノビー記事投稿コンテストの画像
コノビー記事投稿コンテスト

コノビー初の記事投稿コンテスト開催中!
※2018年10月1日(月)0時〜10月26日(金)23時59分まで

テーマは「出産」。
様々な出産に関する体...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 妊娠・出産
  4. >
  5. たくさんの人に支えられた出産。では、産後は……?<投稿コンテストNo.29>