1. 総合トップ
  2. >
  3. 妊娠・出産
  4. >
  5. 1人目と2人目、同じママでもお産はここまで違います。<投稿コンテストNo.20>

1人目と2人目、同じママでもお産はここまで違います。<投稿コンテストNo.20>

1人目と2人目、同じママでもお産はここまで違います。<投稿コンテストNo.20>のタイトル画像

出産は10人10色。
同じママでも、1人目と2人目は全然違うんだ。ということを知ったというharumamaさん。
5日間も痛みに耐えた体験談をご覧ください!

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10449000041

未知の領域、出産に尻込みする私


初めての出産、周りの話を聞いて長期戦も覚悟していました。

が、どうしても痛いのが嫌な私。

いつでも無痛分娩に切り替えられる、という希望だけが出産に向かう心の支えでした。

長男の出産、6時間のスピード出産


長男の出産の印象は、「思ったより、全然あっさりだったな」というものでした。

朝7時 少し痛みを感じる
朝8時 おしるし
12時 まだ笑っていられるくらい→ 病院へ
13時 入院決定
16時 ちょっと痛いけどまだ余裕 おにぎりを談笑しながら食べる
17時 痛みが増す→ナースコール
18時 産まれる

正直、悶絶して痛かったのは30分くらいでした。

先生が子宮口確認した時にはすでに全開で、「いきんで」と言われ、1回いきんだら産まれた。

「え?もう?」という感じでした。

無痛分娩は、悶絶した時に「麻酔〜!」と叫んだけど、「もう産まれるから打てないよ!」と言われてできず。

産後1時間で病棟を歩いて驚かれました。

次男もすぐ産まれると思っていた


だから、次男もすぐ産まれると思っていました。

「同じ感じでしょ?」って。

次男5日間の前駆陣痛で夜も眠れず

この記事を書いた人
コノビー記事投稿コンテストの画像
コノビー記事投稿コンテスト

コノビー初の記事投稿コンテスト開催中!
※2018年10月1日(月)0時〜10月26日(金)23時59分まで

テーマは「出産」。
様々な出産に関する体...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 妊娠・出産
  4. >
  5. 1人目と2人目、同じママでもお産はここまで違います。<投稿コンテストNo.20>