1. 総合トップ
  2. >
  3. 妊娠・出産
  4. >
  5. 出産
  6. >
  7. 子どもを産んだ瞬間、「この人は、他人だ」と思った

子どもを産んだ瞬間、「この人は、他人だ」と思った

子どもを産んだ瞬間、「この人は、他人だ」と思ったのタイトル画像

2017年5月、わたしは子どもを産んだ。ずっと夢見てきたことだったから、それはもう感動と愛に満ちあふれた瞬間になるものと思い込んでいた。
トギーさんのnoteから、出産に関する記事をご紹介いたします。

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=29968000224



子どもを産む、それはどんな瞬間なんだろう?

妊娠期間の十月十日、頭の中にいつもある「産む」瞬間への想像。

細かな描写で出産体験を綴られた、トギーさんのエッセイをご紹介します。


子どもを産んだ瞬間、「この人は、他人だ」と思ったの画像1




2017年5月、わたしは子どもを産んだ。


ずっと夢見てきたことだったから、それはもう感動と愛に満ちあふれた瞬間になるものと思い込んでいた。

でも、実際はそんな感動は押しよせてこなかった。むしろ、驚いた。



***



わたしは、俗にいう子ども好きだ。街中で見かける人様の子どもも、もれなくみんな愛おしい。

そんな自分が子どもを産んだら、「ああかわいい我が子! 最高の宝物! 大好き! 愛してるー!!」みたいに母性が爆発するんだろう妄想していた。でもその期待は見事に裏切られる。

産まれてきたのは、初めて見る顔をした人間だった。わたしの意思とは関係なく、泣き叫んでいた。

なぜか、そのことにすごく驚いた。



「この人は、他人だ」



面食らったような衝撃だった。

どうやらわたしは、子ども好きをこじらせて、自分の子どもは自分の分身かなにかだと思い込んでいたようだ。


彼女は、わたしの分身じゃないことはもとより、わたしの子どもである以前に、意思をもったひとりの人間だった。


「この人は、わたしの子どもなのか。そうなのか」


10ヶ月おなかの中にいたとはいえ、面と向かうのはこの日がはじめて。へその緒を切ってしまえば物理的な繋がりもなくなる。

産んだ瞬間から親子の愛着やら、家族の絆ができているわけがない。これから築いていかなきゃいけないんだ。

なぜこんな至極当然の事実に、これまで気がつかなかったのだろう。

産んだから母なんじゃない。わたしはこれから母になっていく。この気づきが、わたしなりの、母への第一歩。今はそんなふうに思っている。

「はじめまして。これから家族になろう」




子どもを産んだ瞬間、「この人は、他人だ」と思ったの画像2


いかがでしたか。


産んだから母なんじゃない。わたしはこれから母になっていく。


今、自分が「お母さん」になれているんだろうか?そんな不安を抱えている方へ

これからみんなで"家族"になるんだと教えてくれるまっすぐで優しいエッセイ。



トギーさんのブログには他にも多くの素敵なテキストが掲載されています。

みなさまぜひご覧ください。


(編集:コノビー編集部 森山)

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
コノビー編集部の画像
コノビー編集部

コノビー編集部です。
インスタグラムやツイッタ―、ブログなどで子育てに関する発信をされている方をご紹介する記事を作っています!
...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 妊娠・出産
  4. >
  5. 出産
  6. >
  7. 子どもを産んだ瞬間、「この人は、他人だ」と思った