1. 総合トップ
  2. >
  3. 妊娠・出産
  4. >
  5. 回旋異常とは?痛みに耐えに耐えて出産したお話です!<投稿コンテスト応募No.2>

回旋異常とは?痛みに耐えに耐えて出産したお話です!<投稿コンテスト応募No.2>

回旋異常とは?痛みに耐えに耐えて出産したお話です!<投稿コンテスト応募No.2>のタイトル画像

2人目の出産で長時間の痛みに耐えに耐えた、ちっときさんの体験談です。

「いざとなったら人間、すごい力がでる」という母親の力強さも感じる記事、是非ご覧ください!

息子出産時のお話です。

4歳上の娘を出産したときは23時間陣痛に耐え、本当にボロボロになった私でしたが、2人目出産ということで今回は落ち着いて冷静に、そして出来るだけ時間も短くなったら良いな…!という気持ちでした。

いざ陣痛が始まり、深夜2時過ぎに上の娘を同居している私の両親に預け、旦那と2人1時間かけて隣の市の病院に向かいました。

とても順調に陣痛が進んでいるとの助産師さんの言葉を胸に激痛に悶えながら。

(わたし偉い超偉い上手いよ上手いよ順調だよ へっへへ…!  ああもう本当いっでえ)

と自分を励まし精神を保っていました。

(ほぼ痛いの感想だったしやっぱり唸ってたけど)

回旋異常とは?痛みに耐えに耐えて出産したお話です!<投稿コンテスト応募No.2>の画像1



娘の時は長いわ痛いわでかなり叫んだり取り乱しておりましたので、ひたすらスマート出産を目指して取り乱さぬよう努めてまいりました。(三つ指)

そんな中やっと分娩室へGOの合図を受け(…ふっ…ここまで7時間…めっちゃ短い!頑張った頑張った。今回は順調に、そしてクールに息子産んだるわあああ!)と最後の大仕事をするべく意気込んで分娩室へ。


さあ…ここで頑張れば息子に会える…

………痛いの終わる!!!!!!

そうこうして踏ん張っていましたが一向に息子は産まれてきません。

段々と気持ちも急いてきて痛さもどんどんと増していきます。

呼吸も荒くなりパニックになりかけているときに助産師さんが発した言葉は

回旋異常とは?痛みに耐えに耐えて出産したお話です!<投稿コンテスト応募No.2>の画像2



「まだまだ時間が掛かるよ!」と言われ、赤ちゃんの心配と、この極限の痛さと、自分に残った体力を考え脱力してしまいました。

もう産まれる、産まれると保っていた気持ちと体力でしたが、すでにあまりの痛さに体の向きも簡単に動かせない。

痛さに耐え続け消耗したガタガタの体でまだ痛みに耐え、ましてや「さぁ産むぞ」いう時にいきめるかすら分からなく…。

恐くて恐くて

逃げられない体なのに気持ちだけは逃げたくて仕方がなかったです。

襲ってきた恐怖感…


産むのは自分しかいない、赤ちゃんも苦しい中頑張ってくれているのは分かっていました。
たくさん呼吸をしなくてはいけないことも。

でも痛くて恐くて終わりの見えない時間に、とても長く闘った娘の出産時よりも恐怖感は強いものでした。

ボサボサの髪、汗を大量にかいた後のカッパカパになった肌、でもすぐにまたザバッと出てくる汗、叫んで唸って乾いた喉、全く生きた心地のしない重たい体で大の字になりながら。

ぼんやりと分娩室の壁にかかった電話機の時間表示を眺めながら。

この記事を書いた人
コノビー記事投稿コンテストの画像
コノビー記事投稿コンテスト

コノビー初の記事投稿コンテスト開催中!
※2018年10月1日(月)0時〜10月26日(金)23時59分まで

テーマは「出産」。
様々な出産に関する体...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 妊娠・出産
  4. >
  5. 回旋異常とは?痛みに耐えに耐えて出産したお話です!<投稿コンテスト応募No.2>