1. >
  2. >
  3. >
  4. 育児ノートでパパも楽々お手伝い♡書き方と活用術

育児ノートでパパも楽々お手伝い♡書き方と活用術

育児ノートでパパも楽々お手伝い♡書き方と活用術のタイトル画像

赤ちゃんのお世話、もっとパパに手伝って貰いたいと思いませんか?0歳児をパパが丸一日お世話することもある我が家の、赤ちゃん育児の必須アイテムは…育児ノート!そんな育児ノートの書き方や活用術をご紹介します。

出典:https://instagram.com/p/0B8MyjhqNd/

育児ノートで赤ちゃんの一日を知ってもらう

なかなか寝付いてくれなかったりミルクの飲みが悪かったり、ご機嫌ななめになったり…と赤ちゃんの生活リズムは日々変化します。赤ちゃんと過ごす時間が少ないパパには尚更、把握するのが難しいですよね。



そんな日々の赤ちゃんの様子を知るのに、実は育児ノートが大活躍するんです!育児ノートに、いつどんなことがあったのか、時系列で書くことによって、それを見るだけで、その赤ちゃんの傾向などがいろいろと見えてきます。



一目で分かるくらいスッキリ書けば、忙しいママや年子ベビーがいるママにありがちな「アレ?そろそろミルクの時間だっけ??」ということも、解決します。

育児ノートを使ってパパをその気にさせるには

赤ちゃんの可愛かった仕草や大変だった事など、ママは赤ちゃんのことを色々とパパに知って欲しいもの。でも、「赤ちゃんのことは聞いてもよく分からない」と思い込んでいるパパにはそれが難しいみたい。そんなときは、育児ノートを見せながらお話してみるといいでしょう。



また、パパには「赤ちゃんのお世話は意外とシンプル!」と感じさせた方が、「ちょっとやってみるか」という気になってくれます。



そのために、ノートに赤ちゃんの様子をギッシリと書かないようにしましょう。パパの気分が萎えてしまっては逆効果です。生活リズムに的を絞り、赤ちゃんの様子やママが感じた事などは余白に1~2つ、短めなコメント程度に。可愛い様子だけでなく、面白エピソードもパパの興味をそそります。

ゆる~く書くのがコツ

育児ノートでパパも楽々お手伝い♡書き方と活用術の画像3

折角の育児ノートですが、先にも書いたようにギッシリ書き過ぎると、慣れないパパにはハードルが高くなってしまいます。「メモ書き程度でOK」とした方が、見るのも書くのも気が楽で、長続きします。



私の家では、ノートに書かれたミルクの量・睡眠・うんち・外出などの記録を見たパパが「そろそろミルクの時間?」「〇〇時ごろ寝そうだから買物に行こう。」と分析。予想が的中すると少しずつ自信がついて、お世話にも積極的になりました!ノートがシンプルだったこともあり、お世話の後には記入もしてくれて大助かり。



ただし、体重や薬、予防接種などは丁寧に記録しましょう。後から見返すことも多いので、時間・量・様子など目立つ色で書いておくと良いですよ。

育児ノートは、交換日記みたいに夫婦のコミュニケーションツールとしての役割も果たしてくれます。パパの気分がのってきたら書く事を増やして、どんどん情報共有すると楽しいかもしれませんね!

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

夫婦・家族 夫婦関係(パートナーシップ)

この記事を書いた人

Bergamot

0歳、年中、小1を子育て中の40代。3人とも男の子、毎日とても賑やかです!子育てに関する事やワーキングマザーとして気づいた事などを記事にしていきたいと思います。...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 育児ノートでパパも楽々お手伝い♡書き方と活用術