1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 「息子は、もう赤ちゃんじゃないんだ」と気づいた日の話。

「息子は、もう赤ちゃんじゃないんだ」と気づいた日の話。

「息子は、もう赤ちゃんじゃないんだ」と気づいた日の話。のタイトル画像

インスタグラムに描かれていたあるお話について、はちやさんが想いを語ってくださいました。

もう赤ちゃんではないと気づいた日

「息子は、もう赤ちゃんじゃないんだ」と気づいた日の話。の画像1
「息子は、もう赤ちゃんじゃないんだ」と気づいた日の話。の画像2
「息子は、もう赤ちゃんじゃないんだ」と気づいた日の話。の画像3
「息子は、もう赤ちゃんじゃないんだ」と気づいた日の話。の画像4
「息子は、もう赤ちゃんじゃないんだ」と気づいた日の話。の画像5
「息子は、もう赤ちゃんじゃないんだ」と気づいた日の話。の画像6

はちやさんにお気持ちをお伺いしました

このお話、インスタグラムでとても大きな反響がありましたよね。描いた時のお気持ちをぜひお聞かせください。


実は、ジャングルジムを設置したのは夏の暑い日だったので、夫と2人で説明書をみながら汗だくで組み立てたんです(笑)。

すごく大変だったけど、息子がとても喜んでたくさん遊んでくれたので、「頑張ったかいがあった。置いて良かった!」と2人でニコニコしながら、遊ぶ姿を眺めていました。

それを昨日の事みたいに思っていたのですが、気づいたら息子は3歳。ジャングルジムはもう遊ぶには小さくなっていて…。

片付けるときは、夫と「あっという間に大きくなったね…」「子どもの成長はなんて早いんだ」と、しみじみ実感しました。

そんなちょっとセンチメンタルな思い出を描いてみました(笑)。


「いろいろな物が捨てられずにいる」とありますが、「これは特に捨てられない」というものってありますか?


「赤ちゃんの時に着せていた肌着」かなあ。

息子はよくミルクを飲む赤子で、生後3ヶ月頃にはそれはもう丸々とした珠のように愛くるしい赤ちゃんだったんですが(親バカ)、そのたわわなボディによく似合っていた、綿100%のロンパース(スイカのイラスト入り)が捨てられません。

私が死ぬときに棺桶に入れてもらう予定です。


これからもお子さんはどんどん成長していくかと思います。どんな気持ちでお子さんの成長を見守りたいか、よければお聞かせください。


私が忙しいときに限って、「粘土で遊んでくれ」とか「貼ったシール帳を見てくれ」とか頼んでくるんです。

あと、食卓にご飯を並べ終えて「さぁ食べるぞ」って時に、麦茶をこぼされたり、揚げ物してる時に「ウンコしたい」とか言い出したり(笑)。

そういう時にイライラしすぎないように、「これは絵日記におもしろ可笑しく描いてやろう」とかニヤニヤする事で、肩の力を抜きながら見守っていきたいと思っています。


最後に、コノビー読者のみなさんにメッセージを、ぜひお願いします。


コノビーの他のライターさんの記事を読んでいて、「このつらい気持ちは私だけじゃないんだ!」と感じた時に、ホッと安心する自分がいます。

どこかで誰かが子育てに奮闘しているんだと思うと、自分もあとちょっと頑張ろうかな…と思えたり。

誰かの気持ちに少しより添える、つらいときにひと笑いお届けする、そんな記事を私も描いていけたらいいなと思っています。

これからもよろしくお願いします!




(編集:コノビー編集部 三輪 ひかり)



当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
コノビー編集部の画像
コノビー編集部

コノビー編集部です。
インスタグラムやツイッタ―、ブログなどで子育てに関する発信をされている方をご紹介する記事を作っています!
...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 「息子は、もう赤ちゃんじゃないんだ」と気づいた日の話。