1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. ベビーカーの押し方で疲れがちがう?知って得する育児のラク技!

ベビーカーの押し方で疲れがちがう?知って得する育児のラク技!

ベビーカーの押し方で疲れがちがう?知って得する育児のラク技!のタイトル画像

指圧師の斎藤充博さん著作『子育てでカラダが限界なんですがどうすればいいですか?』(青月社)より、子育てで発生するカラダの疲れ、痛みに効く、とっておきの方法をご紹介!
クリハラタカシさんのわかりやすいイラストで解説いたします。

待機児童や孤育のように、子育て世代を取り巻く社会的、精神的な負担は盛んにニュースになりますが、

本書はもっとダイレクトに、「子育ては肉体的に疲れる」という点に注目し、

育児にすぐ取り入れられる、「疲れにくい動き」や「ケアの仕方」をわかりやすく解説してくれています。

指圧師の斎藤充博先生のワザを一部ご紹介いたします!



子どもを追いかけるときに使える「走り方」

ベビーカーの押し方で疲れがちがう?知って得する育児のラク技!の画像1

背中を軽く丸め、前傾姿勢にします。

手は振らずに、胴体の前のほうにぶら下げる感じにします。

頭の重みにより重心が前に行くのに合わせて、自然に足がついていき、速く走れるようになります。


子どもと目を合わせるときは膝をつく

ベビーカーの押し方で疲れがちがう?知って得する育児のラク技!の画像2



膝をついてしまうと、腰を曲げなくてすむのでラクです。

片膝をたてておけば、とっさのときにもすぐに動けます。


ベビーカーの押し方で疲れがちがう?知って得する育児のラク技!の画像3



両足でしゃがんだままだと、腰に負担がかかります。

さらに、とっさに動くことができず、すべてがおっくうに…

ベビーカーでの曲がり方、段差の越え方

ベビーカーの押し方で疲れがちがう?知って得する育児のラク技!の画像4



曲がるときは、曲がるほうのわきを縮めるような意識で行うといいでしょう。

回転半径が小さくなり、小回りがききます。

ベビーカーの押し方で疲れがちがう?知って得する育児のラク技!の画像5



曲がることを意識しすぎると、ひじが伸びてしまい、ベビーカーを制御しにくくなってしまいます。



ベビーカーの押し方で疲れがちがう?知って得する育児のラク技!の画像6

ベビーカーで段差を越えるときは、持ち手をおへそのほうに引きつけ、足を半歩下げると、上げやすくなります。



いかがでしたか?

本書は育児をしながらでも読めるように、手で押さえていなくても見開きが維持できる装丁になっており、
子育て中の方に寄り添った内容となっています。

今日からすぐ使えるアイデアが満載の本書を、ぜひお楽しみください!

ベビーカーの押し方で疲れがちがう?知って得する育児のラク技!の画像7

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
コノビーおすすめ書籍の画像
コノビーおすすめ書籍

コノビーで連載中のライターさんの書籍や、育児中のパパ・ママにおすすめの書籍を幅広くご紹介!
みなさまがお気に入りの一冊と出会えるきっかけになれますように。
...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. ベビーカーの押し方で疲れがちがう?知って得する育児のラク技!