1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 個性とは「他人と違う何かを持つこと」ではない。3人子育て中の私が思うこと

個性とは「他人と違う何かを持つこと」ではない。3人子育て中の私が思うこと

個性とは「他人と違う何かを持つこと」ではない。3人子育て中の私が思うことのタイトル画像

【「子どもの個性」特集記事】「個性はあったほうがいい」と言うけれど…。そもそも個性って、「みんなが持ってるもの」なんじゃない?と思ったお話です。

個性とは「他人と違う何かを持つこと」ではない。3人子育て中の私が思うことの画像1
個性とは「他人と違う何かを持つこと」ではない。3人子育て中の私が思うことの画像2

長男は三歳児検診でネフローゼ症候群と診断され、それからというもの、多いときは年に3回も発病することもありました。

そのたびに絶対安静を強いられて、ステロイド剤を服用。

その副作用で、ムーンフェイスと言われるまん丸な顔で小学校生活を過ごしました。

中学生になった長男が選んだ部活は…想定外だった!

個性とは「他人と違う何かを持つこと」ではない。3人子育て中の私が思うことの画像3

私が「絶対に無理!周りに迷惑かけるから!」と言ったのには、わけがあります。

長男の入学前に、知り合いの子の演劇舞台を見に行ったことがあったのですが、

あまりにも本格的な演技とセリフの多さに驚いたのです。

そんな演劇をやってみたいだなんて!

英単語ひとつ覚えるにも苦労しているというのに、シナリオ通りのセリフなんて、長男には覚えられない…と思ったのです。

でも…

個性とは「他人と違う何かを持つこと」ではない。3人子育て中の私が思うことの画像4

長男の初舞台は、なんと主演!

「やりたい!」は本気の言葉でした。

無理だと分かれば自ら考えて退部するだろう…とさえ思っていた私とは裏腹に、

初めての舞台で、水を得た魚のように生き生きと演じていたのです。

長男と真逆な次男が、得たものと失ったもの

個性とは「他人と違う何かを持つこと」ではない。3人子育て中の私が思うことの画像5

高校受験真っ只中で、高次脳機能障害という後遺症を抱えることになってしまった次男。

でも…

個性とは「他人と違う何かを持つこと」ではない。3人子育て中の私が思うことの画像6

次男にも「ビートボックスのプレイヤー」という顔がありました。

中学2年の時に友人と始めたのがきっかけだったようですが、今では年に数回、各地の大会に挑戦するほどのめり込んでいるのです。

すなわちそれって「個性」なの?

個性とは「他人と違う何かを持つこと」ではない。3人子育て中の私が思うことの画像7

私もまだ、こんな年齢になっても「個性あるね!」といわれます。

それはよく言えば「他者にはない輝けるもの」であり、悪く言えば「他人と同調できない」のような気がします。

辞書やネットで「個性」という言葉を調べてみても、その意味はきわめて曖昧。

ですが、「十人十色」という言葉があるように、個性とは「個」の性分であり、

趣味や特技など他人とは違う何かを持つこと…ではなく、「個」を引きだす力そのものだと私は思います。

息子たちが得た能力は、才能でもなんでもなく、自分で引きだしたもの。

ちなみに22歳になった長男は今でも、趣味の範囲で劇団に所属しています。

「いつまで続くか」と思って眺めていましたが、当分、長男の部屋からシナリオがなくなることはなさそうです。

そして毎晩、お風呂場から聞こえるビートボックスの音色も…です。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
ひらたともみの画像
ひらたともみ

栃木県宇都宮市在住のイラストレーター。

20代、30代、40代と出産を経験し、現在、22歳(長男)・15歳(次男)・6歳(長女)の母として、終わらない子育...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 個性とは「他人と違う何かを持つこと」ではない。3人子育て中の私が思うこと