1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 私にとっての「本当の頑張らない育児」を考えて気づいた大切なこと

私にとっての「本当の頑張らない育児」を考えて気づいた大切なこと

私にとっての「本当の頑張らない育児」を考えて気づいた大切なことのタイトル画像

7/22(日)に開催した『パパ・ママでわたしにとっての「本当の頑張らない育児」を語ろう!』のイベントレポートをお届けします!


コノビーで連載がヒットし、7月25日に書籍が発売された「本当の頑張らない育児」

作品中では、0歳の子どもがいる主人公の“私”とその夫、それぞれの視点で家事育児の悩みや葛藤、喜びが描かれていました。

私にとっての「本当の頑張らない育児」を考えて気づいた大切なことの画像1


私も、知人に紹介してもらい連載中に読んでいました。

5歳と1歳の二人の男の子を持つパパ視点からすると、前半のパパが育児参加していないストーリーは、身に覚えがありすぎて読み進めることが辛く…(笑)、後半のパパとママでチーム育児を実現してくストーリーは、とても心が温まりました。

自然と、「こんなステキな育児を、私もぜひ真似したい!」と思いました。

しかし、ここで正直に言います。

「素敵なエピソード過ぎて、こんなの私には真似できません!!」とも思いました。

特に漫画に出てくるパパの性格が「素直」で「謙虚」すぎて、ダメパパなわたしにとって、あなたは聖人なのかと(笑)。

そうして私は、「本当の頑張らない育児を実現するために、漫画のパパの真似を頑張ってする」という「頑張らないために頑張らねば!」の無限ループに入り込むことに。。。

そんな風に悶々と悩んでいたところ、今回のイベントレポートのお声がけをもらいました。

「まさに私に必要なのはこれだ!」と思って、『パパ・ママでわたしにとっての「本当の頑張らない育児」を語ろう!』に参加してきました。


自分の「頑張ってしまっている」を見つける


7月22日、イベント会場である株式会社CAMPFIREさんのオフィスには、12家族13名のパパ・ママと、11名の子どもたちが集まり、温かな雰囲気の中イベントがスタートしました。

私にとっての「本当の頑張らない育児」を考えて気づいた大切なことの画像2


進行をするコノビー編集部の三田村さんのこんな話から会はスタートします。

「あなたにとって、“頑張る”ってどういう状態ですか?

例えば、自分の毎日の歯磨きは、頑張らなくてもできる人がほとんどだと思うのですが、「ゾウの絵を描くことは?」と聞かれると、得意な人と不得意な人で、意見が分かれると思うんです。

こんな風に、同じ作業でも人によって『頑張らなくてもできること』と『頑張ればできること』は違います。

さらに、同じ作業でも、人によって『やることで元気になる、楽しくなること』と『やることでしんどくなること』もあるんですよね。

このように、『わたしにとっては頑張ってやることでも、誰かにとっては頑張らないことかもしれない』ということを再確認することが、“本当の頑張らない”の一歩目になるんじゃないかなあと思っています。」

私にとっての「本当の頑張らない育児」を考えて気づいた大切なことの画像3
イベントは、車座では進んでいきます。
この記事を書いた人
「本当の頑張らない育児」書籍化プロジェクトの画像
「本当の頑張らない育児」書籍化プロジェクト

やまもとりえさんの連載「本当の頑張らない育児」書籍化についての情報をこちらでお知らせしていきます!...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 私にとっての「本当の頑張らない育児」を考えて気づいた大切なこと