1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 息子が教えてくれたのは、ガラクタだって宝物になる世界。

息子が教えてくれたのは、ガラクタだって宝物になる世界。

息子が教えてくれたのは、ガラクタだって宝物になる世界。のタイトル画像

おーなり由子さん著作『こどもスケッチ』(白泉社)より、子育てエッセイを3回にわたりお届けします。(編集:コノビー編集部 三輪ひかり)


おーなり由子さんのイラストエッセイ『こどもスケッチ』(白泉社)より、ママやパパがひとときほっと笑顔になれるようなお話を、3回にわたりご紹介。

第1弾は、がらくたまみれの毎日に光を当ててくれる「おもちゃ箱ぐらし」のエピソードです。

おもちゃ箱ぐらし


おもちゃ箱の中で暮らしている。

どんなふうかというと――

息子が鍋をたたいて
遊んでいるしゃもじを
「かしてね」と、もらってから、
ごはんをよそう。

玄関に落ちている茶漉しをひろって、
紅茶をいれる。

トイレに入ると、
ボールが転がっている。

新しいシーツをかけるたび、
ふわりともぐりこんでくる子と、
しばらく遊んでから、
ふとんを敷く――などなど。

生活がみーんな遊びになるもんだから、
楽しいと大変が、
ごちゃまぜのカオス。

特にうちでは、2、3歳の頃、
散歩のたびに、
息子がいろんなものをひろうのに
はまってしまい、
家の中のカオスが加速した。

「――いいもの、あった!」

思えば、
はじめて息子が道端に落ちていた
大きな釘をひろった時、
わたしがうっかり
「かっこいいねえ」と、
言ってしまったのが
きっかけだったかもしれない。

以来、散歩に行くたび、
ひろったものはぜんぶ大切そうに
ポケットに押し込まれ、
目をきらきらさせて、
またひろっては、
「もってかえる!」――となった。

息子が教えてくれたのは、ガラクタだって宝物になる世界。の画像1


石ころや木の実なら、
かわいらしくていいのだけれど、
大事なそれは――

ひからびたミミズ、
大きなセメントの破片や、
砂まみれのビービーだん。

踏まれたポケットティッシュ、
長すぎる棒(!)などなど。

「置いていこうよ」と
言いたくなるものもいっぱい。

散歩中、「あった!」を
連発しては、ひろう。

持てなくなったら、
わたしに渡す。

そうして毎日のように、
つぎつぎと家の中に
がらくたが運び込まれてくる。

気がつくと、洗面所には、
さびた釘とへしゃげたビンのフタ。

台所には、
土まみれのタイルの破片、
玄関に人生ゲームの人形、
グルグルのコイル――

中には、よくこんなものが落ちていたなあ、
と感心するものもあるけれど、
たいていはゴミそのもの。

これが大人で美術家なら、
作品になるだろうか。

それにしても、
とっても大事そうだから捨てづらく、
迷っているうちに
家のあちこちにゴミのオブジェが
きりなく置かれていく。

どうしていいものやら悩ましい。


だけど、ある日の散歩のあとのこと。

息子が昼寝している間に
玄関を片付けていたら、
さっき道でひろった
絵のちぎれたシールが置いてあった。

何かのアニメの顔が
びりびりと破れて、半分しかない。

ひろい物の中でも、
トップクラスの意味のなさ。

「これもう、顔ちゃうやん」
と、ひとりでつっこんで、
ふわーっとした気持ちで見つめていた時、
急に、わたしの目が息子の目になった。

そして――あっ、と思った。

その一瞬――
わたしにも子ども界から
シールが見えたのだ。

すごい!
息子は、本気の本気で、
これが宝物なんだ。
ひかって見えてるんだ。

だって、これが宝物なら、
この世界は宝物だらけではないか――。

なんだか、知らない世界に
一瞬で連れていかれたような、
不思議な気持ち。

くやしいけど、
わたしには破れたシールは
ひかって見えない。
同じ場所に生きているのになあ。

ちょっと切なくなったあと、
急にうらやましいような気持ちになった。

がらくたたちがひかって見えた。
がらくたも、ごみも、
ちいさい子の手のひらの上で、
だいじな宝物に変わる。

大切にひろいあげると、
どんなものもひかりはじめる。

わたしは、
おもしろいような気持ちになって、
びりびりのシールを、
そっとかざってみた。

「ふーん」と、
しみじみ眺めてみたりして。

ふりかえると、散歩に疲れて、
ふとんでぐっすり眠る息子。

息子が教えてくれたのは、ガラクタだって宝物になる世界。の画像2

よく見ると、
背中がもこもことふくらんでいる。

なんだろう?と、さわったら、
どんぐりが、ころん。
裾から転がり出た。

背中に手をつっこむと、
また、ころん、ころん。

いくつも出てきて、
ふとんの上はどんぐりだらけになった。

そういえば公園で、
「もってかえる!」と言って、
なぜか首からどんぐりを
セーターに詰め込んでいたっけ。
(裾にたまってたのが、
寝返りしてる間に背中に回ったらしい。)

よくこんなどんぐりだらけの服で
眠れるなあ。

少し笑って、
散らかったどんぐりのふとんで、
わたしもあおむけに寝転がる。

大人になって、
どんぐりのふとんで、
ねむる日がくるなんてさ。

ちいさい手をさわると――
ひかる気持ちが、
砂金のように降ってくる昼さがり。

息子が教えてくれたのは、ガラクタだって宝物になる世界。の画像3

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
コノビーおすすめ書籍の画像
コノビーおすすめ書籍

コノビーで連載中のライターさんの書籍や、育児中のパパ・ママにおすすめの書籍を幅広くご紹介!
みなさまがお気に入りの一冊と出会えるきっかけになれますように。
...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 息子が教えてくれたのは、ガラクタだって宝物になる世界。