1. 総合トップ
  2. >
  3. ライフスタイル
  4. >
  5. 夫婦・家族関係
  6. >
  7. 産後1ヶ月で夫の転勤辞令。それでも「一緒に行く」と決めた理由

産後1ヶ月で夫の転勤辞令。それでも「一緒に行く」と決めた理由

産後1ヶ月で夫の転勤辞令。それでも「一緒に行く」と決めた理由のタイトル画像

自分の意思とは無関係に引っ越さなければならない「転勤族」。思いつくのは大変なことばかりだけど、実際のところは…!?

我が家は転勤族です。

妊娠中から、埼玉→茨城→長野→東京と、各地を転々としてきました。

子育て中に何度も引っ越すというのは、精神的にも体力的にも大変です。

不本意に貯金も減るし、各種手続きが面倒、幼稚園もゆっくり選べず…。

小学校も、よく分からないまま入学式に出席しました。

産後1ヶ月で夫の転勤辞令。それでも「一緒に行く」と決めた理由の画像1

こんなにデメリットが多いのに…なぜ帯同しているか?

我が家は、1人目を出産して産後1ヶ月の時に転勤を伴う辞令が出ました。

産後1ヶ月で夫の転勤辞令。それでも「一緒に行く」と決めた理由の画像2

本当にギリッギリまで悩んだのですが、

産後1ヶ月で夫の転勤辞令。それでも「一緒に行く」と決めた理由の画像3

どちらにせよ、経済的な問題や、実家では子育てできない諸事情もあったので、

こうするしかなかったというのもあります。

そして私自身が会社勤めをしていなかったので、「あきらめるものが特に無かった」という状況も手伝いました。

いざ引っ越してみると…

最初こそ勝手が分からず戸惑いましたが、

子育てや地域の活動を通してその土地での新しい友人ができ、

地元の名産や観光スポットを教えてもらえたりしました。

山や川が近いところに住んだ時は、アウトドアも充実!

産後1ヶ月で夫の転勤辞令。それでも「一緒に行く」と決めた理由の画像4

幼少期に自然豊かな土地で色々な経験ができたことは、子どもにとっても価値のあることだと思います。

産後1ヶ月で夫の転勤辞令。それでも「一緒に行く」と決めた理由の画像5

環境が変わったおかげで、自分を成長させることもできました。

「住む場所を自分で選べない」というのは不便ではあるけど、“ダーツの旅”みたいである意味面白いのです。

産後1ヶ月で夫の転勤辞令。それでも「一緒に行く」と決めた理由の画像6

我が家にとっての「子育てと転勤」

子育てと転勤。

我が家にとっては、そこまで悪いものではなかったのかもしれません。

肝心の「夫と子どもの関わり」はというと、

毎日、朝夕の少しの間だけでも顔を合わせる時間が確保できて、よかったと思っています。


なんと言っても初めての子育てです。

同じ家で暮らし、「赤ちゃんのいる生活」を夫と共有できたのは大きな財産です。

「亭主元気で留守がいい」と思う時も多々ありますが(笑)。


子どもの視点からも、この選択がプラスになっていればいいなと思います。

「新しくできた友達とも、数年後には別れるんだ」という寂しさは常につきまといますが、今のところ後悔はしていません。

でも、中学や高校ともなるとあちこち引っ越せないので、その時にはまた決断をしなければいけないなと考え中。


それまでは家族4人で、色々な地を楽しんでいこうと思います。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
ゆむいの画像
ゆむい

イラストレーター。5歳・3歳の兄弟を育児中。ブログ【ゆむいhPa】で育児漫画を公開中。...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. ライフスタイル
  4. >
  5. 夫婦・家族関係
  6. >
  7. 産後1ヶ月で夫の転勤辞令。それでも「一緒に行く」と決めた理由