1. >
  2. >
  3. >
  4. リトミック体験談~通ってみてこんなところがよかった~

リトミック体験談~通ってみてこんなところがよかった~

リトミック体験談~通ってみてこんなところがよかった~のタイトル画像

「リトミック」なんとなく名前が聞いたことはありましたが、詳しくはよくわからない・・・という人も多いのでは?私も友達ママに誘われて初めて知りました。0歳クラスから2年間(現在も継続中)通ってみて感じた思い・気付きをまとめてみたいと思います。

出典:http://sakuradai-hoikuen.com/?p=4872
amiのアイコン ami

そもそもリトミックって何?という方のために・・・

リトミックとは、音楽を使って、子どもの身体・感覚・知的の育成を図ることができる教育法です。『情操教育』、『音感教育』、『生活習慣』を一体化させた教育プログラムともいえます。



リトミックの歴史は古く、生みの親はスイスの音楽教育家エミール・ジャック=ダルクローズだといわれているそうです。

参考:リトミック研究センターHP

リトミックはママも勉強できる場!

レッスンでは、ボールやシール、折り紙やクレヨンなどさまざまなアイテムを使います。



ママ的には「まだできないかな?」と思っていても、子どもがすんなりとできてしまったりと、嬉しい発見をすることもしばしば。「この時期ではこういうふうに遊んであげればいいのか」と、お家あそびのヒントになることも多く助かっています。



雨でお外に行けない日はリトミックレッスンの復習をしてみると、おうちあそびが楽しくなりますよ。

挨拶、お友達との関わりなど早い時期から身につけることができる

グループレッスンですと、毎週同じお友達と顔を合わせることになります。人見知りタイプの子でも、だんだんとお友達と関わる事ができてきますし、挨拶などの礼儀作法も自然と身に着きます。



他のお友達ができるのを見て興味を持ったり、「そうか、こういうふうにやるのか」と子どもなりに見て学んでいるようです。



年齢に応じて使う教材や内容も適したものを用意してくれますし、あそびながら学べている点が優れていると感じています。



我が家は1歳未満から通いはじめました。当初はできなかった「お返事」や「お友達の名前を呼ぶ」などがだんだんできてきて、先生も感動してくれるほどの成長ぶりに「リトミックをやってよかったな」と感じることができました。

音楽・リズムが好きになる!子どもの「好き」を引き出せる

リズム感を養う訓練は0歳クラスから始めるので、音楽も自然と好きになっていったような気がします。



最近はさまざまな習い事がありますが、ある程度の年齢にならないとまだ子供には難易度が高いものも多いですよね。しかし、リトミックは0歳児から始めることができるのも魅力のひとつ。リズム感はのちのち運動するときにも役立つものですから、小さいときからやっておいて損はないかと思います。



前述しましたが、ボールや折り紙など色々なアイテムを使いますし、知育的なあそびや身体を使った運動まで幅広く行うので、子供の得意なあそび・好きなあそびを親子一緒に見つけることができます。



低年齢のうちから「子供の好き」に着目し伸ばしてあげる作業は、リトミックならではだと感じています。



興味がある方は、お近くの教室にまずは体験に行ってみてはいかがでしょうか?

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

遊び・教育 習い事

この記事を書いた人

ami

趣味は読書。小さい頃は小説家になって海外移住することが夢だったが、小説が全く書けず挫折。それでも作文論文は得意だった。大学入試は英文科を目指していたものの、申し...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. リトミック体験談~通ってみてこんなところがよかった~