1. >
  2. >
  3. >
  4. 叱るだけが正解?困った時の子どものしつけ方~子どもが親の言うことを聞いてくれない時~

叱るだけが正解?困った時の子どものしつけ方~子どもが親の言うことを聞いてくれない時~

叱るだけが正解?困った時の子どものしつけ方~子どもが親の言うことを聞いてくれない時~のタイトル画像

子どもは親の思い通りに行動してくれるとは限らないので、子育て中のママ・パパにとっては、苦労やストレスの連続ですよね。

でもやっぱり、ただ叱ってしまうのではなく、子どもに寄り添った対応方法を考えたいもの。
そんなママパパの皆さんに、叱ること以外の子どものしつけ方をご紹介します。

あなたの子どもに合った接し方が見つかるかも?

出典:http://xn--cck1d7d6c.com/education-7/
叱るだけが正解?困った時の子どものしつけ方~子どもが親の言うことを聞いてくれない時~の画像1

今回ご紹介するのは、子どもが親の言うことを聞いてくれないので、ストレスを感じているお母さまからのお悩み。

育児の疲れるところは、常に自分の思い通りにいかない子どもを相手にしていることですよね。

でも、言うことを聞いてくれない子どもに対して何度も叱ったところで、その時は直してくれたとしても、また同じようなことを繰り返す・・なんてことが多々あるのではないでしょうか。

"叱る"というしつけ方は、目先の効果はあっても、長期的に続けると、親はストレスが恒常化し、子どもは親と接することを避けるようになりかねません。

親も子どももストレスを感じずに済むような、あなたのお子さまに合った接し方をみつけてみてはいかがでしょうか。

子育て経験を持つママや幼児教室の先生方からアドバイスが届きました♪

子どもが自分でやってくれたらラッキー!やってくれなくて当たり前

叱るだけが正解?困った時の子どものしつけ方~子どもが親の言うことを聞いてくれない時~の画像2

基本的には我が家も毎日毎日毎日、同じことを伝えています。何かの本で、「100回言って動いてくれるようになったらすごい。」くらいのことが書いてあったので、100回以上言う必要があるんだなと思っています。

また、「子どもが自分でやってくれたらラッキー!やってくれなくて当たり前」と思っていると、少しの成長でもすごーーーい!と思えるかもしれません♪

一緒にやろうの「Lets!」の声掛けをしてみよう

叱るだけが正解?困った時の子どものしつけ方~子どもが親の言うことを聞いてくれない時~の画像3

4歳であれば、毎回言っても聞かない時は、ぜひ「一緒にやろう」と声をかけてください。

「一緒にやると楽しいな」

「ママは一緒にやりたいな」

とお母さまお父さまが主体となって巻き込んでください。

「させる」という命令的な言葉がけよりも、一緒にやろうの「Lets!」の声掛けをしてみましょう。その習慣を繰り返していくことが大切です!

毎回付き合うのが面倒・・・と思うかもしれませんが、小さな手を一緒に洗える期間は限定されていますので、毎回怒ってストレスがたまるよりも、小さな手に触れて「毎日頑張る自分って偉いな!」と認める行為と思って取り組んでみてくださいね。

「なぜそれをしないといけないのか」と、理由をわかりやすく説明してあげる

叱るだけが正解?困った時の子どものしつけ方~子どもが親の言うことを聞いてくれない時~の画像4

ただ命令しただけでは、子どもは言うことを聞いてくれません。まずは親も子どもと一緒にやることが大事だと思います。そして、「なぜそれをしないといけないのか」ということを、わかりやすく説明してあげると、子どもも納得していきます。

それでもすぐには親の期待通りには行動しないので、時には「まぁいいか」って大目に見てあげることも必要かもしれませんね♪

「絵カード」や「キッチンタイマー」を活用して楽しく♪

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

李 錦蘭 [Conobie編集部]

Conobie編集部です。
当企画では、普段子育て中のママパパが抱えがちな子育てのお悩みに対して、経験豊富なママや先生方が多数の対応方法を提示いたします。みな...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 叱るだけが正解?困った時の子どものしつけ方~子どもが親の言うことを聞いてくれない時~