1. >
  2. >
  3. >
  4. 叱るだけが正解?困った時の子どものしつけ方~子どものおねだりがしつこい時~

叱るだけが正解?困った時の子どものしつけ方~子どものおねだりがしつこい時~

叱るだけが正解?困った時の子どものしつけ方~子どものおねだりがしつこい時~のタイトル画像

子どもは親の思い通りに行動してくれるとは限らないので、子育ては親にとって苦労やストレスの連続ですよね。でも、ちょっと待った!子どもに寄り添った対応方法を考える前に、ただ叱ってはいませんか。そんなママパパの皆さんに、叱ること以外の子どものしつけ方を4ケースに分けてご紹介します。あなたの子どもに合ったしつけ方が見つかるかも?

叱るだけが正解?困った時の子どものしつけ方~子どものおねだりがしつこい時~の画像1

多くの子育てママパパたちが頭を悩ませる問題として、一つは「子どものおねだり」が挙げられるのではないでしょうか。お店に行くとありとあらゆる商品が子どもの心を引きつけます。特に、子どものおもちゃ売り場とお菓子売り場は子どもの足を引き止める磁石のようなものといっても過言ではありません。

大人と同じように子どもだって、欲しいものがあって当然ですが、ママパパたちの中には、子どもの食事やしつけに及び悪影響を心配して、子どもとお店で戦っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんなママパパのみなさんに、前回と引き続き、子育てママとプロの先生方から多様なアドバイスが届きました♪

叱るだけが正解?困った時の子どものしつけ方~子どものおねだりがしつこい時~の画像2

【回答】 お約束をつくってあげましょう。子どもの欲しい気持ちに寄り添って♪



一度スーパーやデパートに行く時のお約束をつくってあげるといいと思います。また事前に目的をお話ししておいて、「○○を買いにいく、見に行く」という形で毎回お話をすることが大切です。

おねだりしても、「今日はお約束にないので」と、ごねた場合でも帰る姿勢で。また逆に、「今日は○○を買う」と決める時もつくってあげてください(誕生日や何か出来事のある時など)。

また、欲しい気持ちを分かってあげるのは大事です。購入しなくても、それがかっこいいよね。とか素敵よね。でも今日は買えないね。またね。と声をかけることも大事です。

叱るだけが正解?困った時の子どものしつけ方~子どものおねだりがしつこい時~の画像3

【回答】なぜ買えないのか、またいつ買うのかをお子さまに説明してあげましょう。



全てを受け入れるのも良くないし、ただ叱っても逆効果なことも多いので親としては頭を悩ませますよね。

まずは子どもの気持ちをしっかり聞いてあげた上で、今日は買えない理由をきちんと話してあげましょう。そして、いつなら買えるよという約束をし、それをきちんと守ってあげることで、子どももだんだん「約束」ができるようになってきます。

叱るだけが正解?困った時の子どものしつけ方~子どものおねだりがしつこい時~の画像4

【回答】お約束が守れたら、「ご褒美シール」を活用するといいですよ♪



スーパーやデパートに行く前に、親御さまとお約束(一つだけお菓子を買っていい、今日はおもちゃは買わないなど)をしてから行くといいと思います。お約束が守れたら、「お家で○○を食べようね、ゲーム大会をしようね」と頑張った後に楽しみを残しておくのはいかがでしょうか。

また、お約束をしたにも関わらず、おねだりをする様子が見られた時には、「決めたことは守る!」と一貫した対応が必要になります。

また、スーパーやデパートに行って約束を守れた時には、頑張ったことが自分でも振り返ることができるように、カレンダーにシールを貼って「こんなにできたねー」と褒めてあげることも大事だと思います。

叱るだけが正解?困った時の子どものしつけ方~子どものおねだりがしつこい時~の画像5

【回答】 普段のしつけのご褒美に買ってあげても良いのではないでしょうか。



スーパーやデパートのように誘惑が多い場所だと、「あれも欲しい」「これも欲しい」とおねだりが止まらなくなりますよね。

いつも行くスーパーなどであれば、「今日は○○を買うよ」とお子さまに伝えておき、お菓子売り場を通らなくて済むように買い物ルートをあらかじめ考えておく、という方法もあるかもしれませんね。

また、普段から簡単なお手伝いをしたらシールがたまる、シールを5枚集めたらお菓子一つゲット!などの約束とご褒美を決めておき、そのご褒美を買う場として、普段のお買い物を活用してしまうのもオススメです。

叱るだけが正解?困った時の子どものしつけ方~子どものおねだりがしつこい時~の画像6

【回答】 子どもが欲しがるのもは買ってあげても良いのではないでしょうか。



我が家ではもっと小さい時から、「スーパーで買うものは一つだけ」と決めています。大人は欲しいお菓子をポイポイ買うのに子どもには一つも自由がないのはどうだろう?と思い、常に一つだけの選択肢は提示しています。いくつも欲しいと言ってきますが「一つだよ」と言うと、頑張って一つにしぼって持ってきます。

また、我が家は一つだけにしていますが、子どもが欲しがるものはたかが知れているので、買ってあげてもいいと思います。

さらに、うちの息子はお菓子売り場にずっと張りついているので、その間に買い物を済ませるようにしています♪

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

李 錦蘭 [Conobie編集部]

Conobie編集部です。
当企画では、普段子育て中のママパパが抱えがちな子育てのお悩みに対して、経験豊富なママや先生方が多数の対応方法を提示いたします。みな...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 叱るだけが正解?困った時の子どものしつけ方~子どものおねだりがしつこい時~