しょうがないと、半分諦めていました。