1. 総合トップ
  2. >
  3. ライフスタイル
  4. >
  5. 夫婦・家族関係
  6. >
  7. 公園でのお友達トラブルって親同士が気を遣うんだよね…。 / 23話 sideキリコ

公園でのお友達トラブルって親同士が気を遣うんだよね…。 / 23話 sideキリコ

公園でのお友達トラブルって親同士が気を遣うんだよね…。 / 23話 sideキリコのタイトル画像

引っ越しは奏太にとってはつらいだけになるかもしれない。悩んでいたキリコだったが、実家で過ごし幼い頃の夢を思い出したことをキッカケに、奏太の不安をなくすための方法を考え始める。新しい環境になれるため満の実家である岐阜で過ごしてみようと話すも奏太は嫌だ!と拒否。しかしその後「行ってもいいよ」と奏太が言ったことにより、キリコと奏太は2人で岐阜に向かう。

公園でのお友達トラブルって親同士が気を遣うんだよね…。 / 23話 sideキリコの画像1

第23話 sideキリコ


まさかこんな短期間に2度も岐阜に行き、義実家に泊まるという事態になっているということを以前の私が知ったら白目になると思う。

だけどいまは違う。

私たち家族がこの先の人生を笑って過ごせるように、ベストだと思える道を選択中なんだ。


「しんかんせん! しんかんせん!」と浮かれて早起きした奏太を連れて岐阜に向かい、お昼時の少し前、義実家に到着した。

義母・真由美の運転する軽自動車を降りると、義父・ミノルが庭で古びた子ども用自転車を雑巾で磨いている。


奏太  「じいじ~!」

ミノル 「おう、奏太~! よく来たな」


駆け寄る奏太を見て義父の目が細くなる。

ラーメンを作ってる時はいつも無表情な印象だったけど、引退したいまは普通のおじいちゃんだな。

そう思いながら私も義父の元に行く。


キリコ 「こんにちは」

ミノル 「はい、こんにちは」

奏太  「これなあに?」


奏太は小さい指で古びた自転車を指さす。

昔、放送されていた戦隊ものかな? 

五色のヒーローがポーズを決めた絵がチェーンケースに描かれ、全体はくすんだ赤…おそらく新品の時は真っ赤だったんだろうけど。

ベルには赤いヒーローのフィギアが付いている。


真由美 「これはね、にいにたちが小さい頃に乗ってた自転車だよ」


…え! にいにって雷真と風真のことですよね?

10年以上前の品物ですか。いやー、すごい。物持ち良い。


真由美 「奏ちゃん乗るかなって、千晶ちゃんが倉庫から出してメンテナンスしといてくれたのよ」


公園でのお友達トラブルって親同士が気を遣うんだよね…。 / 23話 sideキリコの画像2




キリコ 「あー、そうなんですね。お礼言わなきゃ」


連日ラーメン店で忙しいのに、ありがとうございます。

義姉の予想外の優しさに触れて、ちょっと嬉しい。


キリコ 「でも奏太、乗れるかな?」

奏太  「のれる!!」

ミノル 「補助輪が付いてるから大丈夫だろ。倒れる心配はないし。ほら、綺麗になったから乗っていいぞ」

奏太  「わーい!」


古びた自転車にまたがり、ペダルに足を乗せると、奏太は思い切り足を動かし…。

漕ぎ始める。

え、乗れるもんなんだ?


真由美 「奏ちゃん、すごいすごい」

ミノル 「満に似て運動神経がいいんだろ」


驚いている私をしり目に奏太は庭を漕いで回っている。

とても楽しそう。

奏太って人見知り、場所見知りはあるけど、こういう乗り物系とか、公園の遊具系は大して怖がらないんだよね。

度胸があるのか、怖がりなのか…わからん。


奏太  「マーマ! ちょっとおいで!」

キリコ 「なに?」

奏太  「こうえんいこう!」

キリコ 「え、だってもお昼だよ? ご飯食べないと」

奏太  「おなかすいてないの! こうえんいきたい!」

キリコ 「えー…」

真由美 「少しだけ行ってきたら? お昼ご飯、用意しておくね」

キリコ 「あ、すみません。じゃあ…行ってきます」


仕方ないか、と諦め、私は奏太と義実家を出る。


奏太  「パパといったこうえんね」

キリコ 「ママ、そこがどこか分からないもん」

奏太  「でんしゃのみえるおうちの近くだよ」

キリコ 「あー、そっか」


「車きてるよ!」「先に行かない!」「言う事聞けないなら自転車返して来るよ!」などと公園までの道中で叫びすぎて喉がやられかけた頃、公園に到着した。


公園でのお友達トラブルって親同士が気を遣うんだよね…。 / 23話 sideキリコの画像3




奏太  「ここだよ!」

キリコ 「…あー、はいはい」


前方から「あ!」と大きな声がして驚いて見ると、そこには奏太と同じくらいの男の子と、赤ちゃんを抱っこ紐で抱っこした見知らぬママが砂場にいる。

男の子はスコップを砂場に投げると、まっすぐに奏太の元に走って来た。

…な、なに?


男の子 「わー、かっこいい! レッドコマンドみたい! いいな、いいな」


…レッドコマンド? 

あー、戦隊ものかな? 

うちは見てないんだよね。

うちはね、トーマスとチャギントンと、ドラえもんと…。


男の子 「ねぇ! ぼくにかして!」

奏太  「……」


奏太は何も答えず、その場から再び自転車を走らせる。


男の子 「ねぇ!」


男の子が追いかけてくることに気づき、奏太は険しい顔で自転車を必死になって漕いでいる。

あぁ…転ばないでよ?


圭吾ママ「こら、圭吾! 止めなさい!」


赤ちゃんを抱っこしたママが立ち上がり、男の子・圭吾に叫ぶけど全然止める気配はなし。


圭吾  「かして! かしてってば!」


カーブを曲がろうとして、うまくできずモタモタしていた奏太の自転車を圭吾が掴んで引っ張り始める。


圭吾  「おりて!」

圭吾ママ「圭吾!」

奏太  「ママー!」

キリコ 「奏ちゃん…」


圭吾が奏太をムリヤリ自転車から下ろそうとして、奏太は今にも泣きだしそうだし、圭吾ママが圭吾を止めさせようとして圭吾が騒いでるし、赤ちゃんは驚いて泣き出すし…。

カオス…。

公園来て数分でカオス…。

圭吾ママが細い腕で強引に圭吾を掴み、奏太から引き離した。

すごい…。

その細い体にそんなパワーがあるなんて…。

私なんてムダに腕ふといのに…。

本当ムダに…。

公園でのお友達トラブルって親同士が気を遣うんだよね…。 / 23話 sideキリコの画像4

圭吾  「…ぎゃああああ!」


わ、泣いちゃった。


キリコ 「奏ちゃん、自転車すこし貸してあげたらいいじゃん? 乗りたいんだって」

奏太  「やだ」

圭吾  「…ぎゃああああ!」

キリコ 「奏ちゃん!」

奏太  「やだ…うわーん!」


奏太も泣きだし、圭吾ママが慌てて奏太に声を掛ける。


圭吾ママ「ごめんね、急に驚かせちゃったよね」

キリコ 「すみません…うちも貸せなくて」

圭吾ママ「いえいえ! この子、ファイブコマンドがすごい好きで…。一番好きなレッドが乗ってるバイクの色にこの自転車が似てるから、乗りたくなっちゃったんだと思います…」


あぁ…なるほどです。


圭吾ママ「ほら、圭吾かえろ? ご飯食べないと」

圭吾  「…ぎゃああああ!」

奏太  「ママ、あっちいこう」

キリコ 「え、あ、うん…」


私は圭吾ママに軽く会釈をしてその場を離れた。


公園でのお友達トラブルって親同士が気を遣うんだよね…。 / 23話 sideキリコの画像5

――翌日。

今日は一番の目的の桜葉幼稚園プレの日。

だけど…奏太、行ってくれるかなぁ。

こたつに入り、義母が作った朝ごはんを食べながら、奏太をチラリと見る。


奏太  「次はたまご」

真由美 「はい、あーん」


奏太はおばあちゃんにご飯を食べさせてもらっている。

赤ちゃんか、君は…。

まぁ、それはいまは置いといて。


キリコ 「ねぇ、奏太」

奏太  「なあに?」

キリコ 「今日さー、桜葉のプレなんだけど…行く? 行ってみる?」

奏太  「行かない」


あー、やっぱりそうですかー。

でもここで無理に連れてっても余計に嫌がることになりそうだしなぁ…。


キリコ 「…じゃあ、公園行こうっか」

奏太  「やだ。だって、へんな子いるじゃん」

キリコ 「あー、圭吾くん?」

奏太  「だから行かない」


わー、そっちもですかー。

岐阜に慣れさせるために来てるんだけど…どうしたもんだろ。

無言できんぴらごぼうを食べていると、別の部屋にいたミノルがリビングにやって来る。


ミノル 「じゃあ、スキーでも行くか?」


え? 唐突…。


奏太  「すきーってなに?」

真由美 「雪で遊ぶんだよ」

奏太  「わー!いくいく!」

真由美 「奏ちゃん、おばあちゃんとおじいちゃんと行こう? ママはおうちでやることあるから」


……ん?? なにかあったっけ?


奏太  「いいよ!」

ミノル 「にいにたちが使ってたソリがあるから、こっちおいで」

奏太  「うん!」


はしゃぐ奏太と義父がいなくなり、きょとんとした私に義母が微笑む。


真由美 「キリコちゃん、今日は家でゆっくりしてな」

キリコ 「え! …いいんですか?」

真由美 「うん。連泊するって連絡きたからね、お父さんが奏ちゃんのサイズのスキーウェアを買っといたのよ」

奏太  「ママ~!」


カラフルなスキーウェアを着た奏太がソリを抱えた義父とリビングに戻って来る。


公園でのお友達トラブルって親同士が気を遣うんだよね…。 / 23話 sideキリコの画像6


奏太  「かっこいいでしょ」

キリコ 「うん!」

ミノル 「こっから車で1時間くらいのところに、国見岳スキー場っていうのがあってね、ちびっこゲレンデがあるんだよ。そこなら心配ないから」


義父に微笑まれ、私は頭を下げる。


キリコ 「なんかいろいろすみません…。ありがとうございます! よかったね、奏ちゃん。ソリだって。雪の上をビューンって滑るんだよ」

奏太  「わーい! わーい!」

真由美 「もし出かけるなら、家の鍵を置いていくね」

キリコ 「はい。……あ、自転車を貸してほしいです」


――それから準備をした義両親と奏太が出かけ、私は義実家で1人きりになった。


キリコ 「わぁ…」


こたつに入ったまま仰向けに寝転がり、両手を広げる。

義実家でこんなリラックスポーズを取る日が来るとは夢にも思わなかったわ。

――ピロロン

スマホが鳴り、見てみるとヨリミチビヨリの吉田さんから「どんな感じですか?」とメッセが届いている。

保留にしている仕事の件。

まだ答えは出てないけど、前向きに行動していることを素直に伝えた。

すると吉田さんは「答えを待ってくれる」こと、スイーツ好きな私に「スイーツ関係の記事をお願いしたいと思っている」ことを返してくれた。

こんな曖昧な状態の私を待っていてくれて、しかも好きな分野をやらせてもらえるなんて、どんだけ幸せな状況なんだろう。

感謝してもしきれない。

その気持ちにぜったい恩返しがしたい。

公園でのお友達トラブルって親同士が気を遣うんだよね…。 / 23話 sideキリコの画像7

まだ1月で寒いけど、よく晴れているから借りた自転車を走らせるのは気持ちがいい。目的もなく思うままに自由に向かう。

楽しい。

すると自転車は私を図書館に連れてきてくれた。

近代的で大きな図書館に自然とこころ躍らせながら、中に入り、私はスイーツ情報が載っている雑誌などを読み漁った。


帰りには通りかかった渋い和菓子屋でまんじゅうを買ってイートインし、食レポの練習として真剣に記事を作成して、インスタにアップしてみた。


何枚か撮った写真を夫に送り、さらに自転車を走らせているとスマホが鳴り、「早乙女屋は俺が生まれる前からあるよ。水まんじゅうもうまい」と夫からメッセがきている。


キリコ 「ナイスタイミング。どっからか見てないよね?」


私は小さく笑いながら「パパが転職できるように、神社にお参りして来るね」と返し、目の前の神社に向かった。


そんなのんびりできた翌日。

補助輪自転車にまたがった奏太と共に公園に行くと、やはり圭吾親子も来ていた。

またもめるなぁ、と思った私に圭吾ママが意外な言葉をかけてきた。

「あの…間違ってたらすみません。もしかして…」と――。

公園でのお友達トラブルって親同士が気を遣うんだよね…。 / 23話 sideキリコの画像8

▶︎▶︎ 次回、24話は、5/4(金)20時公開予定!

公園でのお友達トラブルって親同士が気を遣うんだよね…。 / 23話 sideキリコの画像9

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
さいとう美如の画像
さいとう美如

フリーライター。映像作家の岩井俊二に師事し、2005年にラジオドラマで脚本家デビュー。映画『虹の女神』、恋愛スマホゲーム『花婿ロワイヤル』、そのほか小説、漫画原...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. ライフスタイル
  4. >
  5. 夫婦・家族関係
  6. >
  7. 公園でのお友達トラブルって親同士が気を遣うんだよね…。 / 23話 sideキリコ