1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. >
  6. 子育て中のママに読んでほしい。おかあさんの心に寄り添う絵本のご紹介

子育て中のママに読んでほしい。おかあさんの心に寄り添う絵本のご紹介

子育て中のママに読んでほしい。おかあさんの心に寄り添う絵本のご紹介のタイトル画像

子育てするおかあさんにの気持ちを描いた絵本がたくさんあります。言葉にならない思いにきっと寄り添ってくれる、そして大事なものを思い出させてくれる、そんな絵本をご紹介したいと思います。

出典:http://for-yourlife.com/youjiehonosusumeninki-3193.html

子育て中のママの気持ちを代弁してくれる「おかあさん絵本」

子どもを育てるおかあさんの気持ちが描かれた絵本がたくさん出版されています。



子育てしていると感じる一瞬一瞬は、振り返るととても大切な時間であり、わが子を思う気持ちを描いてくれた絵本は、自分のこころを代弁してくれているように感じることもあります。そうした絵本をここでは「おかあさん絵本」と呼ばせていただこうと思います。



私の子育てに寄り添ってくれてきた絵本をいくつかご紹介したいと思います。

『ラヴ・ユー・フォーエバー』 作: ロバート・マンチ 絵: 梅田 俊作 訳: 乃木 りか

これは私が、子育てにおろおろ、絵本におどおどと触れていた生後間もない頃に、児童館の先生が読み聞かせ会で読んでくださった絵本です。



子どもに聞かせるには長いし、歌もありで、母になったばかりの私には難しい絵本だなぁという印象でした。でも、子どもが成長すると、まだまだこの腕の中にいてほしいという気持ちが生まれ、今とてもこの絵本がフィットする感じになりました。



子どもが大人になっても、お母さんは、ずっとお母さんなんですよね。

『ちいさなあなたへ』 作: アリスン・マギー 絵: ピーター・レイノルズ 訳: なかがわ ちひろ

さりげない毎日に流れる時間は、自分の人生を、命を、わが子にリレーしていることなのだと、過ぎる時間を切なく愛おしく語ってくれる絵本です。やさしいタッチと、短い言葉に込められた想いに共感を生みます。



この絵本は、女の子の赤ちゃんですが、男の子バージョンとして『きみは、今』 (作: アリスン・マギー絵: ピーター・レイノルズ)があります。男の子ワールドあるある・・・をあたかいまなざしで描いています。この絵本は男の子子育て中の私の心を和ませてくれました。

『おかぁさん』 文: もっち  絵: 江頭 路子

社会で起きている悲しい事件もけっして他人事ではない・・・一生懸命子育てをしながらでも、そう感じることお母さんも少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。



この作者は、ご自身の子育て経験の中で大変だったとき、そう感じたことがあるそうです。そして、この詩を描きました。そして、後に絵本という形で出版されました。



この作品は、赤ちゃんがおかあさんに語りかけてきます。どんなときも、母親を愛し、愛をまっすぐに求めてきます。ただ一心にお母さんの愛だけを求め続ける赤ちゃんの姿に、「愛」は、赤ちゃんが教えてくれているのだ・・・そう気づかせてくれた絵本です。

『今日』 訳: 伊藤比呂美 画: 下田昌克

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

遊び・教育 子どもの遊び 室内遊び 絵本

この記事を書いた人

わたこ

現在小学校2年生の男の子の母。長い産後うつを経験し、産後の心と身体のケアの必要性を感じ、産後ストレッチや瞑想ストレッチ、バレエストレッチなど「ストレッチアドバイ...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. >
  6. 子育て中のママに読んでほしい。おかあさんの心に寄り添う絵本のご紹介