1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 保育園入園準備の盲点!?「家族で生活パターンの見直し」をオススメする理由

保育園入園準備の盲点!?「家族で生活パターンの見直し」をオススメする理由

保育園入園準備の盲点!?「家族で生活パターンの見直し」をオススメする理由のタイトル画像

4月から始まる新生活。昨年、息子の保育園入園を経験した私が「こんなふうに過ごしておけば良かった…!」と感じたことをご紹介します。

昨年の春の思い出

昨年の4月、私は新しい職場へ、息子は保育園へと通い始めました。

保育園入園準備の盲点!?「家族で生活パターンの見直し」をオススメする理由の画像1

私は妊婦中から専業主婦となったため、「出勤時間」や「遅刻」などの言葉とは無縁の生活を、3年ほど送っていました。

つまり、制限時間などあってないような毎日…

そこから、「朝は1時間ほど早く起床しなければいけない生活」となったのですが…

習慣はすぐには変えられない!

当初は「たった1時間の早起きだろう?」と軽く考えていたのですが、

その1時間を「毎日」続けなければならないこと、

そして「出勤時間が決まっている=悪くすりゃ遅刻」という制限も加わり、毎日がバタバタでした。

保育園入園準備の盲点!?「家族で生活パターンの見直し」をオススメする理由の画像2
保育園入園準備の盲点!?「家族で生活パターンの見直し」をオススメする理由の画像3

慌ただしく過ぎる毎日に身体がついていかない中で、

私が痛感したのは、

「もっと早い時期から、生活パターンを“家族みんなで”見直す必要があったんだ!」

ということでした。

毎日、少しずつ

身体が慣れている生活パターンを変えていくのは、大変なことです。

自分だけでなく、“家族みんなで”取り組むことも、重要なポイントです。

春の新生活まで、あと1ヶ月ほど!

この準備期間を利用して、少しずつ慣らしていくことをオススメします。

保育園入園準備の盲点!?「家族で生活パターンの見直し」をオススメする理由の画像4
保育園入園準備の盲点!?「家族で生活パターンの見直し」をオススメする理由の画像5

はちやさんの書籍もおすすめ!

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
はちやの画像
はちや

2015年5月産まれの息子と、ヒゲで料理上手な夫、愛猫いっぴきで田舎暮らし。
夜な夜なインスタグラムをかくのが楽しみ。
(#ダサい部屋着 で検索していただき...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 保育園入園準備の盲点!?「家族で生活パターンの見直し」をオススメする理由