1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 陣痛中に撮影!思い出に残したい、一生に1度の記念フォト

陣痛中に撮影!思い出に残したい、一生に1度の記念フォト

陣痛中に撮影!思い出に残したい、一生に1度の記念フォトのタイトル画像

痛いだけと思いがちな陣痛ですが、陣痛中に写真を撮ることで、その時の想いを思いだせる最高の瞬間を残す事ができます!どんな物を撮影したらいいのか?現場を何度も見ている現役助産師がお伝えします。

分娩着を着たファッションフォト

入院をするとまず、ほとんどの病院では分娩着に着替えます。病院によってデザインも様々ですし、入院したぞ!という雰囲気が一気に出ます。



そして、入院したばかりの時は陣痛も未だ弱く余裕があるはず。余裕がある元気なうちに1枚撮影してみて下さい。

あとから見た際、入院した時の、これから始まる出産に対する不安と赤ちゃんに会える楽しみが混じりあった複雑な感情を思い出す事が出来る素敵な1枚になるはずです!

陣痛中に撮影!思い出に残したい、一生に1度の記念フォトの画像1

陣痛室での景色

陣痛中に過ごすお部屋も病院によってさまざま。

その時見ていた物を色々と写真に残しておくことで、陣痛に耐え頑張った記憶が蘇ることでしょう。例えば、まだかなまだかな・・・と何度も見つめていた時計。

陣痛中に撮影!思い出に残したい、一生に1度の記念フォトの画像2

また、ベッドに寝ながら見上げていた天井も、自分が一番見ていた景色かもしれません。



絵としては何てことない風景も、自分の中ではとても感慨深い1枚になるのではないでしょうか?

陣痛中に撮影!思い出に残したい、一生に1度の記念フォトの画像3

何度も付けたモニターも思い出に

妊娠後期から妊婦健診の際に付けてお腹の張りや赤ちゃんの元気度を見ているNSTというモニター。

入院してきた際にももちろんチェックします!!



そんなモニターも気になって何度も見る事でしょう。余裕があるうちに、モニター自体も写真を撮っておくと思い出フォトになりますよ!!



ちなみに、下の線(写真向かって右)はお腹の張り具合。山がお大きくなるほどいい陣痛が来ているという事になります。

そして上の線(向かって左)は、赤ちゃんの心拍数(正常110~160)となっています。



あまり見すぎて気にしすぎるのはオススメしませんが、何を見ているのか何となく分かって居ると進み具合を自分で理解するための目安になると思います!

陣痛中も工夫をすれば楽しみながら過ごせます

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

mona

埼玉で働く、カメラとDIYが好きな現役助産師です。
マタニティヨガ・産後ヨガインストラクター・野菜ソムリエ
何事も楽しもうとする事が特技。...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 陣痛中に撮影!思い出に残したい、一生に1度の記念フォト